Wedge REPORT

2016年9月25日

»著者プロフィール
閉じる

中西 享 (なかにし・とおる)

経済ジャーナリスト

1948年岡山県生まれ。72年共同通信社に入社。88年から91年までニューヨーク特派員、経済分野を取材し、編集委員を経て2010年に退社。現在は経済ジャーナリスト。著書は「ジャパンマネーの奔流―ニューヨーク・東京・ロンドンの24時間」(1987年、ダイヤモンド社)、「日本買い 外資は何を狙っているか」(2005年、PHP研究所)など。

東洋の易に関心集まる

 ニューヨークやシカゴを拠点に市場の関心を集めているヘッジファンドがある。社員の多くが博士号を取得した優秀な物理学や数学の専門家で構成、日々、市場の動きをウォッチしている。それらの中には、量子力学の理論などを応用したAIモデルを作る向きも散見され、彼らが最近着想のヒントに得ていると見られるのが、東洋で昔から伝わる易の世界だという。易は陰と陽の2つに分かれた循環を説く理論であり、これが景気や資産価格の変動とも共通するものがあるようだ。

 高田ストラテジストによると「最近では欧米のファンドの専門家の間でも易への関心が徐々に高まっている」という。難解極まりない高等数学の世界を突き詰めれば、易の世界と共通点があるというのは面白い。

 日本にもローソク足というチャートを使った独自の相場予測の方法がある。これも陰と陽の2つを区分けして構成されている。AIの長所と短所を分かった上で易やローソク足の手法を加味すれば、世界に例のない金融取引の必勝モデルができるかもしれない。
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る