定年バックパッカー海外放浪記

2016年12月25日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

クルージング・ヨットの世界

豪華クルーザーが並ぶヨットハーバーの一画

 10月11日 ヴィオトリーゾ要塞の付近のヨットハーバーをぶらぶら散策。日本ではなかなかお目にかかれない大型クルーザーが並んでいるのは壮観である。おそらく大富豪がオーナーなのであろう。

 一隻の大型クルーザーの船尾で作業しているクルーを見ると少年のようだ。声をかけると手を休めて挨拶する。彼は18歳で3か月前からこの大型クルーザーに乗り組んでいるという。乗組員は通信士やコックも入れて20人。オーナーの部屋の他にゲストルームが20室、ダイニングルームやボールルーム、そしてヘリポートまでそなえている。

 オーナーはロシア人で金融関係の会社を経営している。数か月に一回くらい取引先などのゲストを招いて昼間はクルーズして夜はパーティーをするという。

 このような大型クルーザーは別世界であるが、30~50フィートくらいのセーリング・ヨットが並んでいるハーバーを歩いているとヨットの船尾の日除けの下でドイツ人やイギリス人などのヨーロッパ各地からの観光客のグループが賑やかにビールやワインを飲みながらランチをしている。聞いてみると大半のヨットはレンタル・ヨットのようだ。

ヨットハーバーを背景に

 ヨーロッパから来た4~8人くらいの観光客のグループが一隻のヨットを業者から数日から一週間くらいレンタルするのである。ヨットは数人のプロのクルーが操船するのでゲストは入出港の際に少しお手伝いするだけのようだ。ヨットハーバーの管理事務所で聞いたらこうしたレンタル・ヨットはヨーロッパでは一般的であり人気リゾートのヨットハーバーには必ずこうしたレンタル・ヨットを運営している業者があるという。

シシリー島の港町ポッツアーロのコールドシャワー

グランドハーバーの客船桟橋付近のライトアップされたレストラン街

 10月12日 マルタのバレッタのグランド・ハーバーからフェリーボートで数時間、シシリー島のポッツアーロ港に到着。前夜はバレッタのグランド・ハーバーにあるフェリーボート乗り場の事務所の裏庭で野営。一晩中港湾の荷役作業と大型トラックの騒音に悩まされ寝不足。フェリーボートで地中海の船旅を楽しむどころではなくソファで爆睡。ポッツアーロ港で係員に起こされてやっと目覚めた次第。

 ポッツアーロの町まで30分歩きバス停に到着。海水浴場の脇にシャワーが並んでおりアフリカ系の若者がシャンプーしたり体を洗っている。アフリカからの出稼ぎか移民であろう。バスの待ち時間が2時間もあるので私もシャワーで沐浴。日差しが強いのでコールドシャワーが気持ち良い。

関連記事

新着記事

»もっと見る