定年バックパッカー海外放浪記

2017年1月1日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

神仏同一論は宗教対立とテロリズム防止をもたらすのか

ラグーサの街のバロック様式のアパート

 マリアになぜ全ての宗教の信仰対象が同一であると考えるのか理由を質すと「それぞれの宗教が唯一無二の絶対的存在として信仰対象を規定している。仮にそのような信仰の対象が複数存在するとなると宗教間で矛盾が生じる。唯一無二の絶対的存在を様々な角度から解釈してそれぞれの宗教が信仰対象としていると考えれば論理的矛盾は解消する」とのコメント。

 マリアはさらに「もし全ての人間がこの考え方を認めれば宗教対立は争いの根拠が無くなる。むしろ宗教間の融和が促進されることになる。そしてアルカイダとかイスラム国だとか宗教に名を借りたテロリズムも正当性を失うことになる。」と熱心に語った。私も彼女の見解に賛同しマリアの指摘のように世の中が変わることを願った。

中国女性が指摘、
コーランの「聖戦(ジハード)」規定がテロリズムの温床

 “続・地中海遥かなり”の旅を終えてからもマリアの神仏同一論はどこか心の中にモヤモヤと引っ掛かっていた。神仏同一論だけでテロリズムは抑えられるのだろうか。私はそもそもコーランに“異教徒との闘いで死んだ勇者は天国に行く”とテロリズムを奨励するような聖戦(ジハード)の規定がある限り狂信的イスラム教徒のテロリズムを論理的に否定することはできないと悲観していた。

 今年(2016年9月)インド旅行中に知り合った中国広西省出身33歳の女性バックパッカー、麗媛(リーエン)は非共産党員の普通の庶民である。大学で品質管理専攻後に長年雲南省昆明の食品工場で勤務。半年前に工場を辞めて貯金を全部おろしてバックパッカー旅に出たという。

 イスラム過激派問題について私より明確かつ強固にコーランの「ジハード」規定を論難した。その場でタブレットをネットに接続して中国語に翻訳されたコーランの聖戦の段落を私に示して解説したのである。

バロック様式の建築で覆われているラグーサの街並み

関連記事

新着記事

»もっと見る