田部康喜のTV読本

2017年2月8日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 セリフをつないでいるのは、真紀(松)がすずめ(満島)をじっと見つめる視線であり、すずめが独り言のように自身を語る、その背中である。

 人とひととが、わかり合おうとするとき、言葉だけではなく、表情やちょっとしたしぐさがきっかけとなる。

 ドラマのセリフの美しさはそうした、言葉以外の演技がからまって昇華(しょうか・高度な状態に飛躍すること)している。

 カルテットの4人のメンバーがそれぞれ秘密を抱えて、ドラマは正統なミステリーとして観客に迫ってくる。

 ミステリー・ドラマの定石で、1話ごとにゲストが登場する。第1話では、余命3カ月のピアニストとして、「カルテットドーナツホール」が常打ちになる以前にライブをしていた、ピアニストにイッセー尾形。第3話で、すずめの父親役には小説家・文芸評論家の高橋源一郎が。

 レギュラー陣では、ライブ・レストランの「ノクターン」の経営者・谷村大二郎役にサンドウィッチマンの富澤たけしが起用されている。富澤のとぼけた味わいは役者としての可能性を示している。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る