2022年10月7日(金)

赤坂英一の野球丸

2017年3月1日

»著者プロフィール

WBC中国代表と対戦

 侍ジャパン-ソフトバンク、ソフトバンク-巨人二軍の試合が行われたのと同じ25日にはもう一つ、サンマリンスタジアムと目と鼻の先のひむかスタジアムで、なかなか興味深いカードが組まれた。川相昌弘監督率いる巨人三軍がWBC中国代表と対戦した6回制の練習試合である。こちらは先発した橋本篤郎をはじめ、育成ドラフト1位新人の高井俊(BCリーグ新潟)ら育成選手ばかり5人のリレーで中国代表を完封。打線も相手のミスにつけ込んで3点を奪い、首尾よく3-0で勝っている。ちなみに、彼ら育成選手の最低年俸は松坂の約166分の1の240万円。

 巨人は今キャンプ中、ファームの練習試合を積極的に組んでおり、26日は日南・天福球場で広島二軍-巨人二軍戦、27日は高鍋町営野球場で社会人・JFE東日本-巨人三軍のプロアマ交流戦を行っている。三軍は3月2日まで宮崎でキャンプを行う予定で、川相監督の計らいにより、三塁側ベンチに観客が入れるファンサービスも実施。ファンにとっては選手と身近に接する得難いチャンスで、選手にとってはモチベーションを高める格好の材料となっている。

 侍ジャパンの〝裏番組〟と言っては失礼だが、今後もこういう練習試合やサービス企画が宮崎に定着してほしい。願わくば、そんな二、三軍の中からレギュラーを脅かす若手が育ってくれればいいのだが。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る