伝える力・伝わる仕組みできてますか?

2017年5月10日

»著者プロフィール
閉じる

加藤利彦 (かとう・としひこ)

グッドマネジメント総合研究所代表

株式会社 EC studio(現:ChatWork株式会社)に創業メンバーとして参画。中小企業に向けたIT活用の支援を累計1,000社以上に実施。2007年に人事担当役員(常務取締役)に就任。2008年と2009年に2年連続で〔株〕リンクアンドモチベーションによる組織診断で「日本一社員満足度が高い会社」に認定される。その実績をもとに2011年4月、株式会社グッドマネジメント総合研究所を設立。同社代表取締役に就任。HRM(Human Resource Management)とIT(Information Technology)を通して、従業員意識調査による組織分析、組織力の強化、社内教育、組織内の情報共有など、総合的に経営を支援する事業を展開している。

見落としがちな、しかしクリティカルに組織にダメージを与えてしまう、「社長のやってはいけないこと」

やってはいけない掟1:社員の話を聞かない
 ・社員と目を合わさず挨拶をしてしまっている
 ・否定や反論で、社員の話を遮る
 ・問題点を聞き、解決方法を聞かない

やってはいけない掟2:社員に感謝をしない
 ・やってもらって当たり前と思っている
 ・理解してもらえないことが他者責任になっている

やってはいけない掟3:社長自らが組織を作る
 ・人事権をすべて社長が握る
 ・社長が社員に優秀さを求める

 逆に「社員の話を聞き」「社員に感謝して」「組織作りを社員に任せる」ということに、力を入れることで、主体性を引き出すきっかけが数多く生まれることでしょう。私も常にこの3つを心がけて経営にあたっています。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る