伝える力・伝わる仕組みできてますか?

2017年5月10日

»著者プロフィール
閉じる

加藤利彦 (かとう・としひこ)

グッドマネジメント総合研究所代表

株式会社 EC studio(現:ChatWork株式会社)に創業メンバーとして参画。中小企業に向けたIT活用の支援を累計1,000社以上に実施。2007年に人事担当役員(常務取締役)に就任。2008年と2009年に2年連続で〔株〕リンクアンドモチベーションによる組織診断で「日本一社員満足度が高い会社」に認定される。その実績をもとに2011年4月、株式会社グッドマネジメント総合研究所を設立。同社代表取締役に就任。HRM(Human Resource Management)とIT(Information Technology)を通して、従業員意識調査による組織分析、組織力の強化、社内教育、組織内の情報共有など、総合的に経営を支援する事業を展開している。

やってはいけない掟2:社員に感謝をしない

 感謝とは「ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち」とあります。(※大辞泉)。なぜか社員に対しては、その気持ちや思いが、薄くなっていたりしないでしょうか?

 やってもらって当たり前と思っている

 社長の「給料が出ているのだから、仕事をして当たり前」という考えは、社長からの感謝の形(表現)によって社員に伝わっています。社長が社員に「ありがとう」「ごめんなさい」を言わない会社は、社員も「ありがとう」「ごめんなさい」を言いません。それは社内外に広く伝搬し、社内のモチベーションを下げ、やがて悪循環に陥ります。小さなことにも「ありがとう」と声や形でしっかり伝えることが大切です。

 理解してもらえないことが他者責任になっている

 「なぜ分からないんだ?」「こんなことぐらいも知らないのか」「何も伝わってないじゃないか」このように考えていると、わからない人の気持ちが余計にわからなくなります。

 そして、自分が「わかる人」「できる人」「優秀な人」という勘違いにつながっていきます。その勘違いは、無意識の内に傲慢というオーラを纏い、周りの人は「この人のために何かをしてあげたい」と思わなくなります。理解してもらえないことがあっても、まず「原因は自分にある」と考え、どうすれば理解が得られるのか真摯に取り組むことで、社員もその思いに応えることが出来るようになり、お互いの理解につながります。

 やってもらって当たり前、理解できない社員が悪い。という考え方では、主体性の無いイエスマンばかりの組織になってしまいます。上の立場、下の立場に関係なく、感謝の表現を忘れずにいたいものです。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る