定年バックパッカー海外放浪記

2017年6月4日

»著者プロフィール

コールマン・シアターのボランティアのご婦人の息子自慢

 4月12日(火)。ミズーリ州からカンザス州を抜けてオクラホマ州に入るとマイアミという小都市がある。ここにコールマン・シアターという1929年に開業した劇場がある。劇場内部はボランティアが案内してくれる。中年のご婦人が我々専属で館内を丁寧に説明してくれる。

コールマン・シアターの贅を尽くしたロビー

 1910年代亜鉛鉱山を経営して大金持ちになったコールマン氏が当時最先端の技術と絢爛豪華な贅を尽くして劇場を建設して市民に娯楽を提供したという。全館冷暖房完備でパイプオルガンは電気駆動機械式という世界に一つしかない代物。舞踏会のためのダンスホールまで付いている。シャンデリアも特注品でベルギーから輸入。

劇場の舞台。ヨーロッパのオペラハウスのように左右にはバルコニー席が設けられている

 この大富豪のコールマン氏は全米に四つも大邸宅を保有。映画、ミュージカル、演劇が大好きでハリウッドの邸宅に毎晩有名スターを呼んでは晩餐会や舞踏会を開いた。戦前の大物人気歌手ビング・クロスビーは特に親しくコールマン・シアターでも公演。“風と共に去りぬ”“荒馬と女”のクラーク・ゲーブルも遊びに来たとか。“雨に歌えば”のフレッド・アステアも華麗なステップを劇場で披露。

コールマンシアターのボランティア案内係のご婦人。息子自慢が止まらない

 館内を案内してもらった後でご婦人と雑談していたら彼女は我々が日本人と知って息子自慢を始めた。息子は現在東京で仕事をしておりアメリカの典型的なエリートであった。地元の高校卒業後アイビーリーグの名門ブラウン大学を卒業し、コロンビア大学で経営管理修士号(MBA)を取得して卒業後は投資銀行に勤務。現在26歳で昨年東京支社勤務となった。

 息子は日本での生活を満喫しており東京のアメリカンフットボールクラブにも所属して休日にはゲームに参加。日本の生活は快適で便利で日本食は美味しいし素晴らしい国だと常々息子から聞いている。来年は夫婦で東京に遊びに行く計画とのこと。彼女の日本礼賛はどこまでも続く(unstoppable)。

 首から下げたロケットを開けて息子の写真を見せてくれたが金髪のハンサム青年だ。ハンサムでスポーツマンの26歳のエリート青年にとっては日本での生活は天国であろうと容易に想像できた。

関連記事

新着記事

»もっと見る