マイナス金利時代を生き抜く処方箋

2019年4月27日

»著者プロフィール
閉じる

浦濱純一 (うらはま・じゅんいち)

不動産投資ローンコンサルタント/ モゲチェック

浦濱純一(不動産投資ローンコンサルタント/ モゲチェック)株式会社MFS 不動産投資ローンコンサルタント。大学卒業後、地方銀行にて金融商品販売・融資業務に従事。現在はMFSにて不動産投資ローンのスペシャリストとして、月200件もの不動産投資ローン借り入れ・借り換えのサポートを行う。

不動産投資を「低リスク低リターン」な堅実な投資へ導くコツ

 低リスク低リターンを望む投資の場合、まずは自分がリスクを負える範囲内の購入金額を把握し、情報収集を行って収益性の高い物件を選びだし、事業として不動産運営を行なっていくことが大切です。

 今は多くの投資家コミュニティや、不動産投資ローンの専門会社などもありますので相談してみるのも良いでしょう。不動産投資は自分でリスクマネジメントを行い、広い知見で臨めば株式などに比べても堅実度は高い投資です。企業が潰れるリスクは私たちにはわかりません。

 しかし不動産は災害を除けば、そのモノ自体がなくなる可能性は非常に低いでしょう。資産価値の高い家は後世に残すこともできますし、売却で利益を得ることもできます。堅実な投資を望む方は、是非自分のリスク許容度を把握した上で、不動産投資を検討してみるのはいかがでしょうか。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る