2022年8月13日(土)

Washington Files

2019年7月8日

»著者プロフィール
著者
閉じる

斎藤 彰 (さいとう・あきら)

ジャーナリスト、元読売新聞アメリカ総局長

1966年早稲田大学卒業。68年米カリフォルニア州立大学バークレー校大学院修士課程修了、70年読売新聞入社。ワシントン常駐特派員を2度務めた後、アメリカ総局長、東京本社取締役調査研究本部長などを歴任。著書に『中国VSアメリカ』『アメリカはカムバックする!』(いずれもウェッジ)がある。

<敗者>

①対中タカ派の大統領側近

寸評「中国側が“憎悪チアリーダー”と揶揄するポンペオ国務長官らタカ派はアメリカに対する中国の経済的軍事的影響力の増大を警戒してきただけに、今回の大統領のディールを好ましく思っていない。首脳会談にはピーター・ナバロ経済担当顧問も同席していたが、大統領が中国に対する最大打撃となるはずだった『全中国製品に対する追加関税』を断念するのを末席で見過ごすだけだった」

②米議会対中タカ派

寸評「マルコ・ルビオ(共和)、チャールズ・シューマー(民主)両上院議員らは党派を超え今回の首脳会談結果に警報を鳴らした。とくにファーウェイに対する制裁緩和については、今後対中タカ派議員らの批判を浴びることになろう」

③米大統領選民主党候補

寸評「彼らはこれまで、対中関税引き上げは一般消費者物価を上昇させるだけだとして大統領に対する格好の攻撃材料としてきた。それだけに首脳会談の結果、追加関税が見送られたことで肩透かしを食わされたかたちになった」

関連記事

新着記事

»もっと見る