2022年12月5日(月)

田部康喜のTV読本

2019年8月29日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

新たな脇役も独特の演技でストーリーに味わいを

 翌日、凪はみすず(吉田)が大型クレーンの操縦士しながら、建設現場の職長として自立した女性であることを知る。母子家庭のために、うららが友達からいじめられていると思っていたが、実は自分で友達を選んで明るく過ごしていたことも知る。

 「わたし、旅に出ます」――凪はうららに告げて、自転車をこいでゴンとふたりで行った海辺を目指す。ゴンとの出発点に戻って、彼と別れる決意を示そうとした。しかし、道に迷って、スナック「バブル」にたどり着く。ママ(武田信治)は凪を気に入って、ボーイに雇う。実は、ここは慎二の行きつけだった。

 第6回(8月23日)に至って、慎二の恋模様はちょっと複雑になる。大阪支社の営業成績ナンバーワンの市川円(唐田えりか)と営業のコンビとなり、ほのかな恋愛感情がめばえた。唐田えりかについては、このシリーズで若手女優のなかで、その演技をぜひご覧いただきたい、と推したい。映画「寝ても覚めても」(2018年、濱口竜介監督)や最新のNHKドラマ「デジタル・タトゥー」などで、伸長著しい。本ドラマでも、その美貌は画面に輝くばかりである。

 凪がハローワークで知り合った、坂本龍子役の市川実日子の独特の味わいのある演技も見どころである。東京大学法学部卒の高学歴の坂本は、職場の空気が読めずに、退社を繰り返してきた。たまたま出会った大学の先輩に誘いで、彼のセミナー会社に勤めることになった。副職のためのセミナーを開いていたが、詐欺まがいの商法と社員の給与を払わなかったり、ネットの情報だけでもブラック企業だった。

 凪は慎二の協力を得て、坂本(市川)を、そのセミナー会社から救いだす。慎二が去り際に、その顔を見た坂本が気づく。

 「あなた、『白い恋人』を持ちながら、泣いてましたよね」

 さて、ゴンの心境にも大きな変化が訪れていた。「これからは、隣人としてよろしくお願いします」と、凪に男女の関係を断たれた瞬間から、彼女に会うと胸が苦しくなるのだった。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る