Wedge REPORT

2019年9月27日

»著者プロフィール
閉じる

中西 享 (なかにし・とおる)

経済ジャーナリスト

1948年岡山県生まれ。72年共同通信社に入社。88年から91年までニューヨーク特派員、経済分野を取材し、編集委員を経て2010年に退社。現在は経済ジャーナリスト。著書は「ジャパンマネーの奔流―ニューヨーク・東京・ロンドンの24時間」(1987年、ダイヤモンド社)、「日本買い 外資は何を狙っているか」(2005年、PHP研究所)など。

BRTが本格運行

 ビレッジがオープンする23年4月までには、商業施設、学校、保育施設、シニア住宅などが整備される。駐車場は全て地下にあり、空地率50.3%という開放感のあるスペースを確保、3900本の樹木を植えるなどして自然と暮らせる街作りを目指している。共用施設が多いのも特徴で、パーティルーム、カフェラウンジ、子どもプラザ、ブックラウンジなどが目的に応じて住民が使える。

 駐車場につながるスロープの傾斜角度を緩やかにし、部屋の廊下の幅は国際基準の1㍍50㌢と車椅子でも余裕で通れるスペースを確保、共用スペースを含め部屋はすべてバリアフリーになっている。

 「晴海フラッグ」に行くには、最寄りの駅の地下鉄大江戸線の「勝どき」駅から徒歩15分かかり、少し不便な感じがする。しかし、入居時の23年には、新交通システム「東京BRT(Bus Rapid Transit)」が本格運行し、早朝から深夜まで、新橋、虎ノ門間を結ぶことになっている。BRTが走るようになれば通勤時間帯でも、都心へのアクセスはスムーズにできるとみている。

首都圏マンションの販売に影響?

 「晴海フラッグ」の総募集戸数は4000戸を超えるため、首都圏の住宅販売にも影響を与えており、すでに新築マンションの発売を絞る動きも出ている。「晴海フラッグ」の販売事務局は、今後の販売は売れ行き状況を見て決めるとしているが、マンションの販売動向も左右しそうで目が離せない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る