食の安全 常識・非常識

2019年9月27日

»著者プロフィール
著者
閉じる

松永和紀 (まつなが・わき)

科学ジャーナリスト

1963年生まれ。89年、京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)。毎日新聞社に記者として10年間勤めたのち、フリーの科学ジャーナリストに。主な著書は『踊る「食の安全」 農薬から見える日本の食卓』(家の光協会)、『食の安全と環境 「気分のエコ」にはだまされない』(日本評論社)、『効かない健康食品 危ない天然・自然』(光文社新書)など。『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』(同)で科学ジャーナリスト賞受賞。「第三者委員会報告書格付け委員会」にも加わり、企業の第三者報告書にも目を光らせている。

なぜ、農水省は緊急ワクチン接種を決断できない?

松永 農水省の対策はこの1年間、ずっと後手後手に回ってきたように思えます。

大井 私は、農水省に国、地域をどうするか、という戦略がないからだ、と思います。戦略がないから戦術もない。農水省への提案に対しても、こういうリスクがあるというようなネガティブな回答がまず、返ってきます。

松永 食の安全でよく言われる、ゼロリスクを追及して別の大きなリスクを被ってしまう「ゼロリスク症候群」という言葉を思い出しました。大局観を持ち、いろいろなリスクを洗い出してトータルでもっともリスクの小さい方法を選ぼうとするのではなく、目先のリスク、責任問題にとらわれて、結局は別の大きなリスクを被ってしまう。個々の担当者の方々はとても頑張っているのですが、組織として先を見た決断ができない。

豚コレラは、国による危機管理が必要だ

大井 産業振興の省が、国家を揺るがす防疫を担うところに無理があるのかもしれません。

松永 豚コレラ問題は、国家防疫の問題ですか? 病気が人にうつるわけではなく、養豚という産業の問題に過ぎない。国産豚肉がなくなっても輸入豚肉はあるわけだし、という意見もありますよ。

大井 中国でアフリカ豚コレラが拡がり、1億頭の豚が失われた、という報道も出てきていますよ。世界的に見て豚肉は足りません。国産養豚が壊滅しても、輸入できる豚肉がない、という事態は今後、十分に想定されます。食料安保、という観点から言ってこれは国家的な危機ですよ。それと、他国への責任も考えなければいけません。重要疾病の対策、バイオセキュリティーの基本は、入れない/増やさない/持ち出さない、という3原則です。これをどの国も守らなければいけません。日本では今、「入れない」ばかりが強調されていますが、増やさない/持ち出さない、という責任を諸外国に対して負っています。

松永 だからこそ、拡がる前、ウイルスを増やす前に一刻も早く対策を、ワクチン、ということなんですね。

大井 私は、韓国で豚コレラやアフリカ豚コレラ対策の中心になっている科学者と連絡をとっているのですが、韓国は国家レベルですばやく動きます。口蹄疫の時もそうだったのですが、軍隊が真っ先に出てきて家畜の殺処分をし、消毒業務などにもあたるのです。今回も、アフリカ豚コレラの1例目が判明した直後、半径3kmにいる豚はすべて、殺処分し、全国の豚についても2日間の、移動禁止を発生直後に発令しました。そうやって一丸となって対策をとっても防疫には苦労しているのが現状です。それに比べ、日本は多くのことが「県と国との協議で、最終判断は県の判断に任せる」ということになってしまい、県単位の対策になり地域としての防疫がなされないことで後手に回る。産業を守り推進する役所ではどうしても、「ここは思い切って絶つ。生産者には涙を呑んでもらい、一からの再生を急ぐ」というような決断をできません。

農業イベントでJASVの活動をPRする大井さん。早く、こんな笑顔で豚を飼い肉を楽しめる日々を取り戻したい

松永 具体的にはどうしたらよいのでしょうか。

大井 豚コレラやアフリカ豚コレラ、口蹄疫対策は、国が農水省とは別に危機管理対策本部を設置して対処するに値する事案です。産業振興の農水省より上に立ち、大所高所から迅速に判断できるように、今から議員立法するなりなんなりしないと、豚コレラだけでなく迫りくるアフリカ豚コレラに対処できない、と思います。

 あえて、国のあり方にまで強く苦言を呈しているのは、ワクチン接種開始が決まって関係者の一部が安堵しているように思えるからです。そうではなく、これからしばらくは危機です。養豚現場は力を尽くして、見えないウイルスと闘わなければならず、ワクチンは手段の一つに過ぎません。農家には頑張ってほしいし、多くの市民・消費者にその努力を知ってもらいたいと思います。
 

<参考文献>
・農水省・豚コレラについて
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/csf/

・農水省・江藤大臣臨時記者会見(令和元年9月20日)
http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190920_2.html

・埼玉県・豚コレラ発生についての進捗状況
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0908/katikuboueki-top/csf.html

・埼玉県・野生イノシシの豚コレラウイルス感染の確認について
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0924-10.html

・長野県における養豚場等での豚コレラの発生と対応状況について
https://www.pref.nagano.lg.jp/enchiku/swinfever_farm.html

・Pig Journal 2019年7月号「豚コレラ、今何をなすべきか〜ワクチンを含む課題整理をし、終息への道程を示すことが関係者の責務」清水悠紀臣・北海道大学名誉教授

・日本農業新聞2019年9月24日
関東拡大「局面変わった」 豚コレラワクチン議論舞台裏 政府、自民 苦渋の調整
https://www.agrinews.co.jp/p48793.html

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る