2024年5月28日(火)

海野素央の Democracy, Unity And Human Rights

2020年5月16日

トランプの「助言者」とは

 ファウチ博士は公聴会で、新型コロナ拡大に関して「我々は適切な方法で対応しなければ、秋になると再び感染が広がる」と証言し、「第2波」について言及しました。今から秋までの間に医療体制の充実を図り、再流行に対するリスク管理を行うように提言しました。

 しかし、トランプ大統領はファウチ博士の助言に耳を傾け、第2波に備えて対策を講じようとはしません。11月3日の投票日に焦点を合わせているトランプ大統領は、第4四半期(10~12月)になれば「経済は素晴らしい回復をみせる」と豪語し、新型コロナ感染の第2波の議論及び警戒を打ち消す戦略に出ました。

 好調な経済を維持して再選するという構想が新型コロナ感染拡大により崩壊したので、トランプ大統領は投票日までに経済回復を実現しなければならない状況に陥っています。

 再選を確実にするには、11月3日までに新型コロナとの戦争に勝って、「勝利宣言」を行う必要があります。

 このように時間的に迫っているときに、早期の経済活動再開にブレーキをかけ、第2波に警鐘を鳴らすファウチ博士は、トランプ氏にとって再選を阻む「邪魔者」に映っています。公聴会でトランプ大統領との人間関係を問われたファウチ氏は、「私は大統領と衝突していません」と証言しましたが、両氏の関係が円滑とは到底思えません。

 結局、トランプ大統領にはファウチ氏のような科学的根拠に基づいた助言者は必要ないということになります。トランプ氏が求めているのは、自分と意見及びものの見方が完全に一致する「助言者」です。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る