2024年4月23日(火)

家電口論

2020年7月3日

nexfan ネッククーラー

nexfan ネッククーラー

 医療機器卸などを手がけるA Holdings(福岡県福岡市)の「nexfan ネッククーラー」は、首掛け型携帯扇風機とペルチェ素子のハイブリット。見た目はおしゃれなヘッドホンです。ヘッドホンならスピーカーが入っている部分に、ファンが入っており、首筋のところに、ペルチェ素子と熱伝導性の高いアルミプレート。直接身体を冷やします。

 弱点のバッテリーは、1800mAを2つ搭載。強化してあります。さすがに2020年モデル、総重量:310gですから、重いとは感じられません。

 使用モードは、風の強弱:小、中、強の三段階に、ペルチェ素子のon、offがあるので、計6パターン。それぞれ、18時間、12時間、8時間、ペルチェ素子を併用した場合、3時間、2時間35分、2時間10分。フル充電に必要な時間は3時間。

 外気温、30℃で外に出てみました。雨が降る前で、やや湿度は高めです。モードは、風‘小、ペルチェ素子onです。これが実に快適。首すじが涼しいせいでしょうか。普通はアフファルトの照り返しでヘナッとした感じになるのですが、それがない。ただちょっと独特の感覚です。汗も出るし、足の暑さも感じるのですが、頭が妙に冴えている感じです。自転車でも、同様。実にいい感じです。

 ペルチェ素子で下げる温度は、6〜9℃だそうですから、氷を首すじに当てられたような感じはしません。ただ常に冷んやりしたものを首すじに押し当てられている感じはします。

 気になるのは、風を送るモーター音。「風・小」でも、ちょっと耳ざわりなところがあります。これがなければ、よりいい感じです。できれば「風なし」のモードを加えて欲しかったというのが本音。そうすると地下鉄、電車などでも、より楽に使えますので。

 ペルチェ素子の後ろ側が熱くなりすぎるのではという懸念を持っていましたが、知れなりの温度ですんでいます。手でも暑い感じはしますが、熱くはありません。

 ただし、ペルチェ素子を使う場合、必ず後ろ側がフリーなことが求められます。熱がこもらないようにするためです。要するに襟がある服は、NG。ベストはTシャツでしょうね。風だけを使うなら問題ありません。

新型コロナ時代の必需品

 今はコロナ、コロナと騒いでいますが、まだいろいろなウィルスが存在します。インフルエンザなどは、また流行してやろうと虎視眈々と状況を狙っているように思います。

 そして、WHOもマスクの有用性を認めた今、外の環境に関わらず、マスク着用は当たり前の時代が来そうです。

 地球温暖化、感染症の流行と環境が激変しています。その様な場合は、今まで当たり前と考えてきたことも、もう一度考え直す必要があると思います。

 接触型クーラーを作ったのは、今回紹介したエアコン専業メーカーの富士通ゼネラル、そして規模の小さい A Holdings、他に数社あります。しかし日本の大手総合家電メーカーは手がけていません。もしバッテリーにもエアコンにも強いパナソニックなどが手掛けていたら、より凄いものができるような気がします。またパナソニックは、「くらしアップデート」を掲げていますので、夏にマスクをして、より熱中症が起こりやすくなりそうな事態に対応してもおかしくないように思います。

 この「体に装着し、健康を守る家電」という分野は、今後も伸びると思われます。できれば、日本発のクールな家電として、世界に発信したいものです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る