家電口論

2020年1月26日

»著者プロフィール
閉じる

多賀一晃 (たが・かずあき)

生活家電.com主宰

スマート家電グランプリ審査員。主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。また米・食味鑑定士の資格を有する。水、米、パン、珈琲、お茶の味に厳しい。

 1月15日に発表されたファミリーイナダ「AI.Inada.Mirror IM-055(AI.イナダ.ミラー)」。それは、いろいろな意味で日本の家電メーカーの今後を暗示するように思えました。似たアイディアは、展示会などでも見ていますが、よもやファミリーイナバが、先頭を走る日が来るとは思いませんでした。8Kテレビ以降開発方向が定まらないテレビメーカーと、AIミラーでテレビを取り込んだマッサージチェア専用メーカーで何が違ったのでしょうか?

AI.Inada.Mirror IM-055 とは何か?

AI.Inada.Mirror IM-055

 「ミラー(鏡)」と名が付けられていますが、実態は55インチの「液晶テレビ」です。それに小型カメラを付けて、自撮り。ディスプレイに映し出し、姿見として使えるようにしたわけです。

 AIミラーは、テレビとしても使えるし、姿見としても使えるわけです。55インチはかなり大きいですから、姿見としてそれなりのサイズですし、4Kなのでリアリティは、かなりのものです。

 次に「AI」です。ミラーには、ネット接続して使うアプリが入っています。「ファッション(バーチャル試着) 」「運動(ホームフィットネス) 」「美容」「健康」など、その人のパーソナルデーターに合わせAIが分析。最適解を出してくれます。

 例えば、試着では、AIがお勧めを3つセレクトしてくれます。それを姿見で確認して本日の服を決めたり、購入したりでいます。店舗では既に使われている場合もありますが、民生用、そして自分の姿形で反映されるのは、多分初めてです。

 テレビと、特殊なアプリを使う等身大のスマートホンを組み合わせた様なもの。それが、 AI.Inada.Mirror(以下 AIミラー)です。

なぜ、テレビメーカーに同じことができないのか?

イメージ画像

 こう書くと多くの人は「なぁんだ」と思われるかもしれません。しかし商品の多くはコロンブスの卵的な要素を持っています。今回のポイントの1つは、ミラーとテレビ双方使えるように、楽々、縦、横と方向を変えることができるスタンドです。

 一日の中、ミラーとテレビ、どちらをよく使うのかというと、テレビです。このため、同様なことをする場合、テレビメーカーは、横置きテレビの中に、ミラーの機能をはめ込むということを考えます。ところが横置きだと姿見にならないのです。だからできないとなります。

 その点、ファミリーイナダの設計は「姿見」から始まっています。縦置きが基本。テレビは横置きが基本。じゃぁ、専用スタンドで、縦、横に方向も変えられるようにしよう、というわけです。

 テレビメーカーは、ユーザーはスタンドにお金をかけないと、言うでしょう。それはかける理由がないからです。デザインだけでは、そう簡単にお金を払っていただけません。でも、いろいろな展示会で、特殊スタンドを使い、テレビの格好良さを演出しているのも事実。いろいろ持っているのに、うまく商品までもっていけない。惜しいことです。

 失敗ができない、低コストで厳しいのはよく分かりますが、今の日本メーカーは、既成の延長線上で、ちょっと高画質になったことを叫ぶばかり。新しい方向を切り開こうとしているメーカーは、まだ出ていません。

 ちなみにこのスタンドは、8万5000円相当。半端でないことが分かります。

関連記事

新着記事

»もっと見る