海野素央の Love Trumps Hate

2020年9月23日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

3つから4つへ

 オンラインで行われた民主党全国大会前まで、バイデン前副大統領は米国では、「パンデミック(世界的大流行)」、「経済危機」及び「人種差別問題」の「3つの歴史的危機」が同時に起こっていると唱えていました。

 バイデン陣営は大会直前にフォーカス・グループを使って支持者の意識調査を実施しました(『バイデン・ハリスは党大会で何を語るか?』参照)。その調査結果が影響を及ぼしたのか、党大会からバイデン氏は上の3つに気候変動を加えて「4つの歴史的危機」と呼んでいます。あるいは、サンダース上院議員を支持する左派票を獲得したいバイデン氏は、彼らに配慮したのかもしれません。

 バイデン氏は気候変動を重視するサンダース支持者の票を獲得するために、3回のテレビ討論会の中で米西海岸において発生している山火事に対するトランプ大統領の対応のまずさを突いてくる可能性が高いです。

「隠れバイデン」票の掘り起こし

 トランプ大統領の最大の弱点はコロナ対応であることは言うまでもありません。新型コロナウイルスによる死者数は20万人を突破します。

 米ABC ニュースとグローバル世論調査会社「イプソス」の共同世論調査(20年9月11~12日実施)によると、65%がトランプ氏のコロナ対応を「支持しない」と回答しました。それに対して「支持する」は35%で、各種世論調査によるトランプ大統領の平均支持率よりも約10ポイントも低い結果が出ました。トランプ支持者の中にも、コロナ対応に不満を抱いている者がいる訳です。

 筆者が取材した西部コロラド州コロラドスプリングス在住で共和党支持者の60代後半の白人女性は、前回の選挙でトランプ大統領に投票しました。ところが、トランプ氏のコロナ対応に強い不満を持ち、今回は同氏に投票しないと語っています。つまり、共和党保守本流の彼女はバイデン前副大統領に投票する「隠れバイデン」に成り得る有権者の1人です。

 バイデン前副大統領は終盤戦でトランプ大統領のコロナ対応の失敗に攻撃の的を絞り、「隠れバイデン」票の掘り起こしを図るでしょう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る