Wedge REPORT

2020年11月2日

»著者プロフィール

石に噛り付いてでも「2位確保」へ

 球団OBは一歩引いたところから次のように冷静な視点を向ける。

 「ここ最近の楽天はソフトバンクや巨人、阪神を凌ぐほどの巨大補強が専売特許のようになっている。かつて石井GMも現役時に在籍して強いコネクションを持つ西武出身の主力をかき集めた結果、球界内だけでなくファンからも『楽天ライオンズ』と揶揄されているほど。

 楽天一筋だった平石前監督の〝解任〟同様、昨オフに生え抜き大功労者の捕手・嶋基宏が球団から減額制限を超える条件提示を受け、他球団で出場機会を求めるため自由契約を申し入れて退団し、ヤクルトへ移籍したことも地元ファンから猛烈な反発を買った。この一連の大ナタによって『外様が優遇され、生え抜きは気に入られなければ容赦なく冷遇される』とさらに邪推されるようになってしまった感は否めない。

 石井GMは元メジャーリーガーだけに、いい意味でとらえればドラスティックなMLB流の理念を持つ人物。とはいえ、今オフは現4番の島内宏明、そして左腕の塩見貴洋、近年はコンディション不良に悩まされながら今季から外野手へ再復帰した岡島豪郎も国内FA権を取得している。球団側は生え抜き3人にどういうアプローチをするのか。CSを逃しても三木監督はまず基本線通りに残留することになるだろうが、その明確な理由説明とともに島内ら生え抜き3人の扱いについても石井GMはどのような判断を下すのかが非常に興味深いところだ」    

 奇跡のCS進出を逃して2位の座へ滑り込めないとなると、今オフのイーグルスは地元ファンを筆頭に各方面から厳しい突っ込みを入れられそうだ。それだけに石に噛り付いてでも「2位確保」へ全力で邁進したいところだろう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る