【中学受験】成功を導く父親の役割

2021年2月18日

»著者プロフィール
閉じる

西村康則、高野健一 (にしむらやすのり、たかのけんいち)

中学受験専門のプロ家庭教師集団「名門指導会」

【西村康則】

40年以上、難関中学、高校受験指導を一筋に行う。暗記や作業だけの無味乾燥な受験学習では効果が上がらないという信念から「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で入り込む授業を実践している。また、学習指導だけでなく、受験を通じて親子の絆を強くするためのコミュニケーション術もアドバイスする。

【高野健一】

名門指導会算数科主任。問題の解法を一方的に教えるのではなく、生徒の答案やノートからその子の思考を読み取り、その思考に立脚した指導を心掛けている。中学受験だけでなく大学受験にも精通しており、中学入試で終わりでなく、一歩先を見据えた上で今必要な内容の指導を行っている。開成・麻布・桜蔭・女子学院などの難関校を筆頭に、多くの学校に合格者を送り出している。

中学受験が気になったら、はやめに夫婦で話し合いを

 お母さんがいい出し、お父さんがなんとなく認めて始まる中学受験は、後からつらくなることが少なくありません。中学受験は親のサポートなしでは成り立たちません。その役割の多くは、いつもそばにいるお母さんになりがちです。お母さんもある程度それは納得していますが、すべてを担うことを望んでいるわけではないのです。

 やがて「『受験をさせた方がいい』といったのは自分だけど、あなたも賛成したわよね? だったら、あなたも少しは協力しなさいよ!」と不満をぶつけてきます。「夫が協力してくれない」というストレスが溜まってくると、夫婦ゲンカに発展するだけでなく、イライラから子どもにもきつい言葉を投げてしまうことも。

 すると、子どもは、お母さんが怖いから仕方なく勉強をするか、もっと深刻になると、お父さんとお母さんがケンカばかりしていることで気持ちが不安定になり、勉強どころではなくなってしまいます。

 そうならないためには、まずは夫婦でしっかり話し合うことです。

 しかし大手中学受験塾の入塾テストが始まるギリギリの時期にそれをやってしまうと、お互いの意見のすり合わせができていないのに、「もう来月には入塾テストが始まってしまうの。とりあえず、テストだけ受けさせて、後でゆっくり考えましょ!」と、その場しのぎの行動をとるようになってしまいます。

 こうなったとき、多くの場合はいわれるままに入塾することになります。一度、塾に入ると、よほど親がしっかり自分の考えを持っていない限り、塾のペースで進んでいくことになります。話し合いは早めにしておきましょう。

関連記事

新着記事

»もっと見る