2023年1月28日(土)

勝負の分かれ目

2022年11月17日

»著者プロフィール

 ムードメーカーとしても定評の高い松田と長野ならば巨人ベンチを活気づけるだけでなく代打でコールされれば、その存在感によって球場全体の雰囲気を一気にガラリと変えられるストロングポイントも兼ね備えている。

巨人の「逆襲」はあるのか

 「確かに今オフ、世間で言われるような『巨大補強』はここまでできていないが、松田と長野の獲得に関しては大きな意義がある。来季に向けた新外国人選手の獲得はこれから本格化していくし、他球団との話し合い次第ではあるが、トレード等も含めまだまだ新戦力補強が打ち止めになったわけではない。

 『育成と発掘』の両立を図りながらも全権監督として指揮を執る原監督は〝サプライズ補強〟をまだまだ諦めていないはずだ。代理人を通じてMLB球団との来季メジャー契約を第一希望と表明しながら難航中の有原航平投手と筒香嘉智外野手に対し、独自ルートを持っている巨人が実は水面下で未だ強い関心を抱いているとの情報もある」(前出の巨人OB)

 果たして巨人のストーブリーグは松田と長野の両ベテラン補強が「目玉」のまま終わりを告げるのか。それとも何らかの〝逆襲のサプライズ補強〟は今後あるのか。

 熱狂的なG党ならずとも世のビジネスパーソンはチーム再建に心血を注ぐ全権指揮官・原監督を筆頭とした巨人の今オフ戦力補強が実を結ぶか否かを注視し、各々のフィールドにおける参考材料にしてみるのも手だろう。

  
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る