2022年12月8日(木)

勝負の分かれ目

2022年11月17日

»著者プロフィール

 今オフのプロ野球ストーブリーグが佳境を迎えている。東北楽天ゴールデンイーグルス・涌井秀章投手と中日ドラゴンズ・阿部寿樹内野手の交換トレードが両球団間で電撃成立。埼玉西武ライオンズから国内FA権を行使した森友哉捕手はオリックス・バファローズへの移籍が決まった。

 また、北海道日本ハムファイターズから海外FA権を行使した近藤健介外野手にはオリックス、西武、福岡ソフトバンクホークスが獲得に向けて3つ巴の争いを展開中。横浜DeNAベイスターズから国内FA権を行使した嶺井博希捕手はソフトバンク入りが濃厚となっているとみられ、オリックスから同じく国内FA権行使の伏見寅威捕手は日本ハム移籍を決断し近日中に正式発表される見込みとなっている。

巨人への復帰を決めた長野久義外野手(左)。原辰徳監督は復活の道を導けるのか(時事)

 こうした中、今オフのストーブリーグで「台風の目」になると予想されていながらも〝安パイ路線〟にとどまっている球団がある。今季リーグ4位に沈んだ巨人だ。フタを開けてみると、ここまでを見る限り巨大補強には踏み切っていない。いや、邪推すれば「踏み切れていない」という言い方のほうが適切か。

なくなりつつある「Gブランド」

 前出の森に対しては当初、巨人も水面下で獲得に向けて調査を進めていたが、結局のところ〝惨敗〟を喫する形に終わった。

 舞台裏に関して球界関係者は「森にとって同じ大阪桐蔭OBの先輩・中田翔内野手が所属していることや、原辰徳監督と昵懇のメディア関係者が森とかなり親しい間柄という複数の利点も巨人側にあって当初の頃までは獲得にそれなりの自信も強めていたと聞く。だが、チーム側は森の起用法について外野と捕手の併用プランを描いており、捕手一本で勝負していきたいという森本人の希望と合致しなかったようだ。

 巨人は森以外にも原監督と同じ東海大OBの伏見の調査も進めていたようだが、伏見は地元・北海道を拠点とする日本ハムを移籍先に選んだ。内外野に加えて捕手もこなせるユーティリティープレーヤーの安打製造機・近藤を本来ならば獲りに行きたいところでしょうが、争奪戦には加わらないまま静観するに至っています」と明かしている。

新着記事

»もっと見る