「子縁」でつながる秋津地域のお父さん 

2013年9月9日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岸 裕司 (きし・ゆうじ)

秋津コミュニティ顧問

1952年東京生まれ。広告・デザイン会社の(株)パンゲア代表取締役、習志野市立秋津小学校PTA会長時に秋津コミュニティ創設、会長を経て現在顧問兼秋津小学校コミュニティルーム運営委員会顧問。文部科学省委嘱コミュニティ・スクール推進員、学校と地域の融合教育研究会副会長、埼玉大学・日本大学非常勤講師、ほか。著書に『「地域暮らし」宣言』『学校を基地にお父さんのまちづくり』(ともに太郎次郎社エディタス)、『学校開放でまち育て』(学芸出版社)など。

羽曳が丘小学校PTA「おやじの会」と「おやちび畑」で「おやじ母さん」たちと「おやじ女子大生」がハイポーズ!

 羽曳が丘のおやじの会は、校庭に畑を確保しています。

 その看板には、「おやじの会」の名前とともに「おやちび畑」とも大書しています。つまり、「子どももおやじの仲間なんだよ」とのメッセージなんですよね。

 で、写真の4人は、「おやじ像」として認定(?)できる「おやじ母さん」3人と「おやじ女子大生」なんです。

 全国には、こんなナイスなたくさんの「おやじ」がいるんですよね。

おやじの仲間づくりは軽やかに!

「ねえ、校庭に穴掘りしようよ!」
「なあに? 穴掘りって?」
「じつはね、校庭に穴を掘って池をつくるんだけどね、おもしろそうだからやろうよ!」

 秋津小学校の校庭に池や田んぼから小川もあるビオトープをつくるために、お父さんたちを仲間に引き入れる際の私とお父さんとのやりとりです。

 「ビオトープは、学校の環境学習用の教材で……」なんてや、辞書にある「ビオトープ(独: Biotop)あるいはバイオトープ(英: biotope)は、生物群集の生息空間を示す言葉で……」なんて文言をお父さんたちにマジに話したら、むずかしそうで身を硬くして引いちゃうかんね。

秋津小学校の校庭でビオトープの池づくりの穴を掘るお父さんたち

 だから、軽やかに「穴掘りしようよ!」って誘ったんです。そしたら次から次に穴掘りしたいお父さんたちが集まってきました。

 もちろん呼びかけたのは、7月に話したそれまでのイベントに参加したお父さんたちの住所録である「秋津の財産目録」から新人で若いお父さんを中心にね。

 で、新たに参加した新人父さんたちも財産目録に追加していったんです。はい!

 てなふうにお父さんたちを誘い仲間を拡大していくコツは、「軽やかに!」ね、はい!

関連記事

新着記事

»もっと見る