2024年5月22日(水)

Wedge2023年10月号特集(ASEAN NOW)

2023年10月8日

 3カ国はいずれも00年代以降で少なくとも数年の間はある程度民主的な選挙を経て政権が成り立っていたが、結局、国民の意思はないがしろにされてしまった。

 ASEANの民主主義は後退していると言えるだろうか。米人権団体のフリーダムハウスが「政治的な権利」「市民の自由」を基準にまとめている各国・地域の自由度を示す指数と、英エコノミスト誌の調査部門の「民主主義指数」から分析してみよう。

 フリーダムハウスは自由度を示す指数を毎年まとめている。10年から23年までASEAN10カ国の指数を合計したのが図①だ。数値が低いほど民主化度が高い。10年代前半に域内では民主化が進んだものの、後半には後退していることが分かる。エコノミスト誌の民主主義指数でも同じような傾向が出ている。

「民主主義の度合い」
から見えるもの

 この民主主義指数で各国別の推移を追ってみた。

(続きは下記リンク先より)

『Wedge』2023年10月号では「日本人なら知っておきたい ASEAN NOW」を特集しております。雑誌はアマゾン楽天ブックスhontoでもご購入いただくことができます。雑誌の試し読みはこちら

   
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2023年10月号より
日本人なら知っておきたい ASEAN NOW
日本人なら知っておきたい ASEAN NOW

今年は、日本ASEAN友好協力50周年の節目の年である。日・ASEAN関係は今、リージョナルパートナーからグローバルパートナーへと変貌しつつある。しかも、起業やデジタル化といった側面では、日本を大きくリードしているといえ、彼らの〝進取〟と〝積極性〟ある姿勢から学ぶべき点は多い。一方で、政治の安定、民主化などでは足踏みが続く。多様なASEANを理解するための「最初の扉」を開けるべく、各分野に精通した8人に論じてもらう。


新着記事

»もっと見る