2024年7月18日(木)

21世紀の安全保障論

2023年12月14日

陸上自衛隊の役割

 在沖縄米海兵隊が地域との関係改善を図るにあたって、陸上自衛隊は大きな役割を果たしうる。陸上自衛隊は総隊以来、地域に溶け込んで信頼関係を構築することに努めてきた。

 沖縄県内にも多くの陸上自衛隊の部隊が配置されており、日頃から地域の信頼を得るべく努力している。このため陸上自衛隊は、第12海兵沿岸連隊などの在沖縄米海兵隊に対して地域に溶け込むための助言や協力を提供し、地域住民、自治体と海兵隊との橋渡し役となることができる。

 第12海兵沿岸連隊は新編されたが、それだけで中国の台湾侵攻に対する抑止力・対処力は強化される訳ではない。陸上自衛隊が同連隊などの在沖縄米海兵隊を共に沖縄を守るパートナーと認識し、できる限りのサポートを提供し、真に地域を守れる部隊に育てていくことで、中国の台湾侵攻に対する抑止力・対処力は強化されるだろう。

『Wedge』2022年8月号特集「歪んだ戦後日本の安保観 改革するなら今しかない」に、安全保障に関する記事を加えた特別版を、電子書籍「Wedge Online Premium」として、アマゾン楽天ブックスhontoなどでご購読いただくことができます。
Facebookでフォロー Xでフォロー メルマガに登録
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る