2024年6月20日(木)

2024年米大統領選挙への道

2024年4月17日

トランプとネタニヤフの「ディールの可能性」

 トランプ前大統領が2020年米大統領選挙の選挙結果を覆そうと躍起になっている時、ネタニヤフ首相はバイデン大統領に当選の祝福の言葉を述べていた。トランプ前大統領はそれに激怒したと言われている。それ以来、ネタニヤフ首相を自分に対して「忠誠心のない人間」と見ているのだろう。

 しかし、両氏には「刑事訴追」という共通点があり、互いを求める時がくるかもしれない。トランプ前大統領は、「元ポルノ女優への口止め料を弁護士費用として計上」「国家安全保障に関わる機密文書の持ち出し」「20年米大統領選挙の結果認定の手続きを妨害」および「南部ジョージア州で共謀して20年米大統領選挙の結果を覆そうとした罪」の4件で起訴された。一方、ネタニヤフ首相は、大物実業家から贈答品を受け入れた収賄や詐欺、背信の罪の3件で起訴された。

 裁判中のトランプ前大統領とネタニヤフ首相は、これらの刑事訴追に対して「政治的迫害」であり、「自分は魔女狩りの犠牲者」であると主張している。これも2人の共通点だ。ネタニヤフ首相はともかく、トランプ前大統領の支持者は、この言葉を信じている。

 トランプ前大統領とネタニヤフ首相は、2024年米大統領選挙とイスラエル・ガザ戦争を、最終的に収監を回避するために利用していると捉えることができる。自国の将来よりも自身の将来――“名誉”の“回復”と自由の追求の戦いである。

 11月5日の投開票日直前に、イスラエルとハマスの間で和平交渉がまとまり、双方が恒久的停戦に合意すると、それが「オクトーバーサプライズ(選挙結果に多大な影響を与える10月に突然出てくるような驚きの出来事)」になり、若者とアラブ系がバイデン支持に戻る可能性が高まる。これはトランプ前大統領が避けたい最悪のシナリオだ。

 一方、ネタニヤフ首相は、投開票日が近づくとバイデン大統領から一層の圧力をかけられ、それに屈すると、連立政権を組んだ極右から「弱いリーダー」のレッテルを張られる。それはネタニヤフ首相にとって、政権維持が困難になり、自身の存続の危機に直面する事態を意味する。同首相にとってバイデン大統領は、益々厄介な存在になるのだ。

 そこで、トランプ前大統領とネタニヤフ首相の利害関係は一致する。ネタニヤフ首相が投開票日まで恒久的停戦を拒否し続け、トランプ前大統領が勝利したら、バイデン大統領が突き付けたイスラエルに対する支援の条件を緩和する。第2次トランプ政権では、ネタニヤフ首相は現在のバイデン政権よりも、圧力をかけられずに自由に行動できる。秋の米大統領選挙が、終盤まで接戦になった場合、トランプ前大統領がこのディールを持ちかける可能性は否定できない。

   
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る