「子縁」でつながる秋津地域のお父さん 

2014年5月13日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岸 裕司 (きし・ゆうじ)

秋津コミュニティ顧問

1952年東京生まれ。広告・デザイン会社の(株)パンゲア代表取締役、習志野市立秋津小学校PTA会長時に秋津コミュニティ創設、会長を経て現在顧問兼秋津小学校コミュニティルーム運営委員会顧問。文部科学省委嘱コミュニティ・スクール推進員、学校と地域の融合教育研究会副会長、埼玉大学・日本大学非常勤講師、ほか。著書に『「地域暮らし」宣言』『学校を基地にお父さんのまちづくり』(ともに太郎次郎社エディタス)、『学校開放でまち育て』(学芸出版社)など。

 だって、同じ校舎のコミュニティルームには、放課後とはいえやってきていたからです。

 そのうえで、「学校って楽しいことがいっぱいあるんだよ」「○子ちゃんってお絵かきが上手だね」といった投げかけを大人たちがさりげなくしたことも良かったんだろうと思います。

中学に進学して不登校ぎみに

 もう一例は、「中1プロブレム」的な話です。

 ずいぶん前のことなので、まだ「中1プロブレム」の用語はありませんでしたが。

お父さんたちが教える「うどんづくり教室」

 秋津小学校を卒業した○君は、中学に進学してから不登校ぎみになりました。でも、釣りが大好きでした。そして、中学を卒業して高校生になったある土曜日の夕方のこと。

 私たちおじさんがコミュニティルームで遊んでいるところへ、近辺の東京湾へそそぐ河口で釣りあげた大きなスズキを持って○君がやってきました。自宅に寄らずに、です。

 なぜやってきたのかはよくわかります。釣果を自慢したいんですね。

 おじさんらは、彼が中学生のときに不登校ぎみであったことはよく知っています。でも、そういう話はしません。

 「お、○君、すごいね!」とたたえながら、「何センチあるのか測ってみよう!」となりました。すると、いちばん小さなスズキでも52㎝もありました。

 さあ、何にでもノリまくるノリノリおじさんたちは、ほめちぎり作戦開始です。

 「すごいねえ、1匹ならともかく、5匹も釣りあげるんだから。さすがに○君だ!」

 そこにすかさず別のノリノリおじさんが、ゆっくりと、しかしハッキリと彼に聞こえるようにいいました。「う・ま・そ・う・だ・ね!」と。

 すると彼は、「じゃあ、いっしょに食べましょう!」とすぐに乗ってきました。ほめちぎり作戦大成功!

 そうして、おじさんが刺身にさばいて、スズキは「アレ」とともに、おいしく楽しくみんなの胃袋に納まったのでした。チャンチャン、と。

関連記事

新着記事

»もっと見る