2022年6月27日(月)

東大教授 浜野保樹のメディア対談録

2009年6月25日

浜野 ああ、映画にまさに出てくる、あのシーン(笑)。

細田 そうなんですよ。ひたすら恐縮をして、僕は。

浜野 ということは、主人公の少女、とてもさばさばしてますけど、あのキャラクターも奥さんの投影ですか? 言いにくかったら悪いけど。

ヒロイン夏希の田舎、長野県上田の大家族(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

細田 いやいや、何しろ彼女にとっては「ホーム」でしょう。僕は「アウェー状態(笑)」です。彼女はみんなと仲良くしゃべっているのだけれど、僕だけほら、緊張しまくっていて。伸び伸びしている彼女と、かしこまるほか術(すべ)のない僕、という。

浜野 じゃあ映画の中、もじもじしている例の少年が、細田監督なんですね。

細田 はぁ。

司会 結婚相手の、向こう側の家族・親戚というのは、他人であるような親族であるような、距離感がえもいわれぬもので。確かに未体験の結びつきですよね。

細田 すごくそうなんですよ。そういうことがひとつひとつ、新鮮だし、面白かったす。映画やお話の世界だと、好きな2人が結婚でゴールイン。そこでお終いというのが多いですけど、そこから先も、なんだ、すごく面白いじゃないか、って。それは実感です。

司会 作品をつくる時は大体いつもそうなんですか。実感、実体験に根ざしてという。

細田 うーん。結局は自分の体験から何か導き出されるという感じはあります。それが特に今回、本当に自分の中で、自分の人生の中で、結婚というのはこんなに面白い体験だったのか、と感じ入ったのが大きかった。

夏希の祖母に挨拶する主人公、小磯健二(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

 浜野 見せてもらったラッシュには声優の名前がまだ入っていなかったけど、あの、家長役のお婆さん。あの声は僕なんかの世代だと嬉しいのだけど、富司純子(ふじ・すみこ)さんですよね。

※文中敬称略
第2回につづく>

 

■関連記事 「東大教授 浜野保樹が語るメディアの革命 」
・鉄腕アトムの成功と著作権の罠 日本アニメ 輸出の歴史 (05月19日)
・市場で見る 日本アニメの潜在力 (04月20日)
・マンガとMANGA、アニメとanime世界で評価される日本文化 ミスマッチも? (03月13日)

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る