2023年1月31日(火)

「子縁」でつながる秋津地域のお父さん 

2015年5月25日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岸 裕司 (きし・ゆうじ)

秋津コミュニティ顧問

1952年東京生まれ。広告・デザイン会社の(株)パンゲア代表取締役、習志野市立秋津小学校PTA会長時に秋津コミュニティ創設、会長を経て現在顧問兼秋津小学校コミュニティルーム運営委員会顧問。文部科学省委嘱コミュニティ・スクール推進員、学校と地域の融合教育研究会副会長、埼玉大学・日本大学非常勤講師、ほか。著書に『「地域暮らし」宣言』『学校を基地にお父さんのまちづくり』(ともに太郎次郎社エディタス)、『学校開放でまち育て』(学芸出版社)など。

ビオトープではじまったザリガニ釣り

ビオトープの大池に張り出す腐った板部を工作クラブの面々が改修作業中。横では子どもたちがザリガニ釣りを楽しむ。2015年5月16日

 でで、さらにもうひとつ。

 ビオトープの大池のザリガニ釣りなどを子どもたちが楽しむ縁側的な張り出した板部が腐ってきたことから改修作業が工作クラブのメンバーとPTAとの合同で、この5月16日にはじまりました。

 孫たちも大人の改修作業の横でザリガニ釣りを楽しんでいました。

 てなことで、連日孫らとマゴマゴした土日でした。

 では次回まで、アディオス! アミ~ゴ!

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る