家電口論

2015年6月26日

»著者プロフィール
閉じる

多賀一晃 (たが・かずあき)

生活家電.com主宰

スマート家電グランプリ審査員。主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。また米・食味鑑定士の資格を有する。水、米、パン、珈琲、お茶の味に厳しい。

 特に、CSは元々マイナーニーズを多く集めてビジネスを組み立てているので、個人的には矛盾を感じます。(当然その中には、音楽のライブ中継など、高画質がプラス要因に働くモノも多いですがね)しかも、4K・8Kの機材は安くないですからね。「ロードマップが、どうこう言われても……」という感じだと思います。

放送局の問題点とは何か?

 高解像度化は、代償としてチャンネル数の整理と設備投資を求めます。放送局にとって嬉しい話ではありません。しかし、ロードマップの元締めの総務省は強いです。放送免許と電波の元締めですからね。彼らに言われると逆らえませんよ。

 もし本当に4K・8Kがメインになるのなら、業界再編が起こると思います。衛星放送をあげれば、今のチャンネル数を維持しながら、4K・8Kへの移行も可能でしょうが、まぁお金の問題がありますので、どちらかというと、チャンネル数を絞ること、もう一歩踏み込んだ言い方をすると、事業者数を減らすことになる方向に移行して行くのではと思います。

 ところで安倍総理のいろいろな発言は、「言うことを聞かないメディアは取り締まる」という風に聞こえることもあります。それは、本人の意志がどうこうではなく、その行動がそう見えるということです。

 (「レッテルを貼るな!」と盛んに言っておりますがね)。ここは、言を増やすのではなく、教養ある長州人だとお分かりの「李下に冠を正さず、瓜田に履を納れず」を実行してもらいたいものです。

関連記事

新着記事

»もっと見る