家電口論

2015年6月26日

»著者プロフィール
閉じる

多賀一晃 (たが・かずあき)

生活家電.com主宰

スマート家電グランプリ審査員。主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。また米・食味鑑定士の資格を有する。水、米、パン、珈琲、お茶の味に厳しい。

 さて、それはさておき事業者数を減らす場合は、どうするでしょうか? 地デジも行っているキー局をいじることはしないと思います。可能性は、BS及びCS勢でしょうね。キー局系は、今のBSチャンネル(電波帯域とスロット数)を手離さないでしょうから、多くのスロットを有するWOWOW、スカパーなどが候補に挙げられるかも知れません。

もし、WOWOWとスカパーが合体したら?

 消すのではなく、総務省が仲人となり、WOWOW、スカパーを合体、BSにもCSにも睨みを利かせることができる会社を作り上げた上、小さい会社に資本投資。どんどん傘下に置いて行くのはどうでしょうか?

 割とありそうな筋書きです。もし、それが実行されると、対象外の放送局も戦々恐々でしょうね。馬鹿げているというと、その通り。メディアの独立性を保つためにも、総務省が動くなど、あってはならないことですからね。

 ちょっと周りを見てみましょう。オーディオでは「ハイレゾ」がブームです。CDが出たのは、1980年全体、約5年でCDは普及しましたね。30年近く番をはった規格です。

 音の悪さは、当初から言われてきました。その間、DVD-AUDIO、SACDなど同じ円盤形のROMが発売されました。十分に普及したとは言えませんが、知る人はハイレゾ同様に、思い思いに楽しんでいます。私は、4K、8Kも同様だと思っています。ハイビジョン放送は、ベースとしては十分ですね。4K、8Kは知る人ぞ、知るでも構わないでもイイと思います。

 ただ、ハイビジョンは、1.5mの所から見てきれいに見える40型が基準ですからね、個人的には50型以上を求められる場合は、4Kをお勧めします。4Kテレビには、2Kのコンテンツをアップコンバートし4Kで見せる機能がありますからね。

 まぁ、それは置いておくとして、4K以上は選択性であるべきだと思います。もし4Kが主流となる場合は、4Kのテレビが安くなり、お手頃価格になるからでしょうね。私はそんな風に思います。
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る