小川さやかのマチンガ紀行

2015年7月29日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小川さやか (おがわ・さやか)

立命館大学 先端総合学術研究科准教授

立命館大学先端総合学術研究科准教授。1978年生まれ。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了。国立民族学博物館などを経て現職。著書に『都市を生きぬくための狡知 タンザニアの零細商人マチンガの民族誌』(世界思想社)。

 もう一つ、近年に開始されたサービスにエム・ペワ(M-Pewa)と呼ばれるものがある。エム・ペワは、モバイル通信会社のヴォダコム社とCBA銀行が共同で提供するサービスで、電子マネーでエム・ペサ口座に貯金をして利子を稼ぎ、さらに一定額が貯まれば、小口の融資を受けられるしくみだ。

小口融資 エム・ペワ(M-Pewa)

ヴォダコム社が提供するエム・ペワ

 エム・ペサ口座さえ持っていれば、銀行に出向いて申込書類を一切そろえたりすることなしに、エム・ペワの口座を開設できる。現在、タンザニア政府は、SIMカードを購入する際に身分証明書の提示を義務付けており、通信会社は口座の利用者を把握しているので、エム・ペサと連動させれば、別途書類を提出させる必要はない。

 口座は、ケータイ自体のロック機能とエム・ペサ口座の暗証番号で二重に防御されており、もちろんケータイを紛失したり盗まれたときには口座を凍結できる。

 エム・ペワ口座は、銀行口座とは異なり、たった1シリングからいつでも貯められ、利子は四半期に一度、自身の口座に支払われる。融資は、一口1000シリングという少額からボタン一つで受けることができる。

 ただし融資可能額は、エム・ペサ口座の貯金額やローン返済状況に応じて個人で異なり(エム・ペワのメニュー操作で「ローン」を選択すると借りることの上限額を参照することができる)、最高でも50万シリングに設定されている。

 エム・ペワは、融資の返済において利子をとらないことになっているが、9%の「facilitation fee」が返済時に一度だけ必要となる。たとえば、10万シリングを借りた場合、30日以内に10万9000シリングを返済することになる。まだそこまで浸透している実感はないが、他のマイクロファイナンスとは異なり、融資を受けるために保証人や担保となりうる不動産情報などを提示しなくても良いため、今後は広く活用されていくだろう(その結果、どのような事態が起きるのかは未知数だが……)。

⇒次回に続く。

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る