山陽新幹線各駅停車の旅

2015年10月3日

»著者プロフィール

 「ひろしま夢ぷらざ」

 中国地方随一の繁盛商店街といわれる広島本通商店街。中でもひときわ人の出入りが盛んなアンテナショップ。菓子・お好み焼きの粉やソース・調味料・麺・乾物・農産物・水産物・工芸品など、広島県内各地の特産品を販売。広島ならではの食材を求めるならばまずこちらへ。各市町の観光パンフレットもまとめて手に入る。

住所:広島県広島市中区本通8-28
TEL:082-544-1122

レモン羊羹 福島福栄堂
国産レモン発祥の地・呉市豊町のレモンを白あんに練り込んだ手づくり羊羹。製造は、大正時代創業の和菓子店「福島福栄堂」。昭和天皇や秩父宮殿下に献上されたことでも知られるが、近年も映画『ももへの手紙』で主人公が食べたことでも話題に。
旅行の友 田中食品
広島っ子ならば知らぬ人はいないごはんのおとも。魚粉・ゴマ・アオサ・玉子粒・海苔をブレンドしたふりかけ。誕生したのは大正時代。戦時中、栄養価が高く持ち運びに便利な保存食として開発された。青地に赤・黄・緑のパッケージの色は、切符をモチーフにした配色で、昭和29年から続く。缶入りの復刻版も発売されている。
洋酒ケーキ くにひろ屋
白壁・なまこ壁・格子窓の風情ある町並みで知られる府中市・上下町で、昭和36年に誕生。尾道の洋菓子店で修行をした先代が、「サバラン」に着想を得て考案した。きめ細やかなカステラに、ラム酒とブランデーたっぷりのシロップをしみこませた芳醇なケーキ。味とともにパッケージデザインも秀逸。

関連記事

新着記事

»もっと見る