定年バックパッカー海外放浪記

2015年9月27日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

幸せ満開『新婚さんいらっしゃい』

 サントリーニ島のイオ村にある眼下に紺碧の海を望む遊歩道は朝から晩まで世界中の観光客で賑わっている。あまりにも美しい眺望に魅せられて、私は13日間の滞在期間中に毎日、朝夕少なくとも二回はこの遊歩道を散歩した。

 誰もが憧憬する地中海の蒼と碧と白のスペクタクルがこの2キロ足らずのプロムナードに凝縮されている。そして訪れる誰もが美しさに心を奪われ人生の至福の時を満喫している。道行く誰もが心を開いて穏やかな笑顔となる。無数の人々の幸福感で遊歩道が溢れている。

 このような場所にいると自然と気持が晴れてくる。人々の幸福感によってエネルギーが生じて一種のパワースポットになっているのではないか。ちなみに北京駐在時代にこれと似た体験をしている。サイクリングは私の昔からの趣味であるが、休日に自転車で天安門前を通過すると毎回この天にも昇るような幸福パワーを全身に感じたものである。

 話を戻す。遊歩道を歩いていると毎日沢山のカップルに出会うが中でも中国人の新婚さんが数では群を抜いている。大概は結婚式の衣装、すなわちウェディングドレスとタキシードを着用してプロのカメラマンに撮影してもらっている。

 余りにも数が多いので、ある時待機中のカメラマン氏に聞いたら、「結婚式で披露する新郎新婦の写真やビデオを事前に景勝地で撮影するためのツアーを組んでおり、今回は25組の大型ツアーである」と訛りのない北京官話(標準語)で教えてくれた。彼は上海のカメラマンであるが海外の景勝地での写真やビデオの撮影は近年ブームとなっており過熱気味と。ギリシア、イタリア、スペイン、米国西海岸、北欧・・・と彼のプロダクションは一年中世界中の景勝地で新婚カップルを撮影しているよし。チームは英語を話せるリーダー以下、カメラマン、カメラマン助手、メイクさんなど通常4~5人であるが特に4月5月は書き入れ時と。結婚式には中国人はお金を惜しまないのでとっても儲かり“利潤特別大”との説明。

 撮影待ちしている美男美女のカップルに聞くと杭州出身で新郎はIT関係とのこと。私がIT関係なら“高収入”ですねと聞くと平均より少し高い程度と謙遜。新婦はファッション関係とのこと。お似合いの好感の持てるカップルだ。

杭州から来た美男美女カップル

 夕暮れ時にドレスを着て撮影している上海の女性三人組に出会った。彼女たちは既婚者で旦那と一緒に来たが、この美しい遊歩道で記念撮影しようとドレスを持参してきたと。旦那たち三人はカメラマン役。彼らは三人とも冴えないジーパン姿であり、奥様達の付き人のように見えてしまう。どうも今回の旅行は女性たちが主導権を握っているようだ。

上海から来たアラサー旧婚3人組

関連記事

新着記事

»もっと見る