2024年4月14日(日)

いま、なぜ武士道なのか

2009年12月18日

 教育上は智・徳・体を三位〔さんみ〕といい、これが一体となってはじめて人格が形成される。しかし、とかくどちらかに偏りがちであるのが現実である。

 書道においては、紙・筆・墨とが三位である。これ自身は道具としてバラバラなものであるが、書く人によってそれが一体となるのである。つまり、精神の問題にまで昇華させる心のはたらきをいうのである。

 魂の入らない学問は迫力がない。ビジネスマンにとって、話すことと書くことは重要な要素である。上手・下手というより、そこに込められている気迫というものが人を動かすのである。
 

◆『いま、なぜ武士道なのか―現代に活かす「葉隠」100訓』

 

 

 

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。


新着記事

»もっと見る