WEDGE REPORT

2016年7月2日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『挑戦者たち-男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で2018年ミズノスポーツライター賞受賞。

ニューヨークの夜景(iStock)

ミスティ昇格にメディアが果たした役割

 ミスティの昇格を後押ししてきたのは、メディアである。

 特にジェニファーの古巣であるニューヨークタイムズ紙は、ミスティ・コープランドが群舞として入団した当初から、初の黒人女性プリンシパルダンサーになるか、と何かにつけて彼女を取り上げてきた。

 そんな彼女はドキュメンタリー映画には取り上げられる、先日急死したプリンスのミュージックビデオに出演するなど、話題性が確実に実力を凌駕していったのである。

 ここまで世論が盛り上がってきては、芸術監督のケヴィン・マッケンジーも、彼女をプリンシパルにさせる以外、選択の余地はなかっただろう。昨年の夏、ついにミスティのプリンシパル昇格が発表された。

 今シーズン、ミスティ主演の日だけはチケットが完売になったようである。何度もマスコミに登場している話題の彼女を一目見ようと、バレエファン以外の人々も劇場にやってきたのだろう。その意味では、ABTの経営陣のもくろみは成功した。

 バレエダンサーの私生活は意外と地味なものだが、ミスティだけはブロードウェイのゲスト出演、自伝の出版、コマーシャル出演と景気の良い話題ばかり。ついには彼女とオバマ大統領との会談も実現したようである。 

関連記事

新着記事

»もっと見る