2023年2月4日(土)

WEDGE REPORT

2016年8月13日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『挑戦者たち-男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で2018年ミズノスポーツライター賞受賞。

アーティストにとって真剣勝負の街ニューヨーク

こちらもデビッド・コッチ・シアター前の宝塚公演のポスター(筆者撮影)

 筆者も21日にデビッド・コッチ・シアターに足を運んだ。

 決して自慢ではないけれど、筆者は舞台芸術に関してかなりうるさい。30年以上もニューヨークに住んで、コンサートやオペラ、バレエなどの劇場に通っていると、誰でもそうなってしまうのだ。

 ニューヨークにはメトロポリタンオペラをはじめとする世界トップクラスの舞台芸術が集まっている。それ以外にも、常時世界各国から一流のアーティストが公演しにやってくる。

 ロサンゼルスやダラスあたりで酷評を書かれても、世界的な影響はない。だがニューヨークタイムズにどのような批評が載るかで、その後のアーティストの運命が変わると言われている。

 だからアーティストにとって、ニューヨーク公演は真剣勝負。手抜き仕事など、絶対にできない土地なのである。

 この街でそうした真剣勝負の舞台を日々見ていると、嫌でも目は肥え、そう易々とは感動できなくなってしまう。何を見ても「素晴らしかった、楽しかった」と言えるほうが人間として幸せな人生だろうとわかっていても、こればかりはニューヨーカーの背負った宿命なのだ。

 実は宝塚は帝劇で一度見たけれど、正直に言うと歌も踊りも今ひとつと思った。

 今回ははるばる日本から来たのだから温かい目で見てあげようと思いながらも、どのような舞台になるのか、普段とは違った意味でドキドキしながら会場に入った。


新着記事

»もっと見る