2023年2月4日(土)

WEDGE REPORT

2016年8月13日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『挑戦者たち-男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で2018年ミズノスポーツライター賞受賞。

ニューヨーカーのスタンディングオベーション

デビッド・コッチ・シアター前(筆者撮影)

 さてニューヨーカーの反応はどうだろう、とちょっと心配していたら、嬉しいサプライズが待っていた。

 1階はほとんどスタンディングオベーションになり、「ブラボー」の連呼である。NYタイムズの評論家より、現場の観客たちの反応は優しかった。

 「シカゴを持ってきたのは大胆だったと思うけれど、後半のレビューが楽しめた」と劇場前で立ち話をしていたアメリカ人の若者たちは語っていた。

宝塚版「シカゴ」がニューヨークで成功したワケ

 今回の公演が成功したのには、純粋に舞台の楽しさはもちろんだが、それ以外にもいくつかの理由があったと思う。

 まず女性のみの公演という宝塚の特異性が、現在のアメリカの初の女性大統領が誕生するかどうかという空気に、ぴたりとはまったのではないか。特に独立心の強いニューヨークの女性たちにとって「女だけでよくぞここまで」というフェミニスト的な感動をもたらしたに違いない。主役が年齢を重ねたベテランだったというところもまた、共感を呼んだと思う。

 もう1つは日本のアニメ、マンガがアメリカ人の中にも着実にファンを増やし、これまでの伝統芸能一本だった日本マニアとはまた違った日本ファンを開拓してきたことである。少女マンガから抜け出てきたようなタカラジェンヌの舞台は、こうした新世代の日本マニアにとって夢が現実になったようなステージだったに違いない。

 賛否はあったが結果的にニューヨークで馴染み深い「シカゴ」を選んだことも、観客を最後まで退屈させなかった成功の理由の一つだったのではと思う。

 こうして多くのニューヨーカーの心を掴んだ宝塚のNY公演だった。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る