海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年8月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

 その上で、「私はヒラリーに投票することに同意します」と印刷された欄に署名を求めます。署名をした有権者には、有給のスタッフ及びボランティアのリーダーの連絡先が入った半券を渡します。残りの署名した部分は、支持者の家ないし選対に持ち帰ります。通常ですと、投票日の1週間前に署名の入った部分を有権者に郵送し、「コミット」させ、投票率を高めるという仕組みになっています。

 署名をしても法的拘束力はありませんが、心理的効果が高いため、12年米大統領選挙でオバマ陣営は署名入りのコミットメントカードの回収にエネルギーを注いでいました。同陣営は、9月下旬からコミットメントカードを導入しましたが、クリントン陣営は8月上旬の段階で、すでに使用しています。そこに、クリントン陣営の地上戦にかける意気込みを感じざるを得ません。

残る課題

 さて、戸別訪問、電話による支持要請及び有権者登録のトレーニングには、サンダース陣営の若者は1人も参加していませんでした。民主党全国党大会で指名を獲得したクリントン候補は、彼らに協力を求めましたが、大会前と変わらずトレーニングを受けたボランティアの運動員はすべて中高年でした。民主党全国党大会が終了して2週間が経過しましたが、クリントン陣営とサンダース陣営の融合は、戸別訪問を見る限り進んでいるとは言えません。

 筆者の有権者名簿には、ヒスパニック系、若者に加えて不動産王ドナルド・トランプ候補に強い不満を持っている共和党支持者が含まれていました。12年米大統領選挙でオバマ大統領は、出口調査で若者(18-29歳)の60%を獲得しました。クリントン候補は、「異文化連合軍」における若者のマイナスを、反トランプの共和党支持者を獲得することによって補おうとしているのです。


  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る