海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年9月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

白人至上主義者に警戒する非白人

 非白人における支持率低迷が続く中、トランプ候補はアフリカ系とヒスパニック系(中南米系)の票の獲得に乗り出しました。支持率低迷の背景には、トランプ候補の人種差別的な発言に加えて、今回の大統領選挙で同候補を支持する白人至上主義者の動きがあります。彼らは、反平等主義、反多文化主義、反グローバリゼーション及び反移民を唱えており、政治的に配慮した発言を嫌っています。同候補の主張は彼らのそれと一致しているため、アフリカ系やヒスパニック系有権者は警戒心を示しているのです。

 それは、世論調査の数字にも表れています。ワシントン・ポスト紙と米ABCニュースによる共同世論調査(16年7月及び8月の平均値)によれば、クリントン候補のアフリカ系の支持率は91%であるのに対して、トランプ候補のそれは僅か3%です。一方、ヒスパニック系の支持率をみますと、クリントン候補が70%、トランプ候補は25%になっています。前回の大統領選挙で共和党候補であったミット・ロムニー元マサチューセッツ州知事は、出口調査でアフリカ系の6%及びヒスパニック系の27%を得ています。それと比較しますと、トランプ候補の数字は双方において下回っているのです。

 この状況を深刻に受け止めたトランプ候補は、ヒスパニック系の支持率向上を狙って、約1100万人の不法移民の強制送還を求めないことを示唆する発言を一旦しました。ただ、米国とメキシコの国境に壁を建設し、メキシコ政府に費用を支払わせる点については立場を変えていません。 

 トランプ候補は都市部に強い民主党の政策は、ヒスパニック系やアフリカ系に貧困、高い失業率並びに犯罪をもたらし、まったく機能していないと主張して彼らに支持を呼びかけています。そのうえで、同候補は雇用を創出する計画があると強調し、「クリントン候補は合法なヒスパニック系やアフリカ系ではなく、不法移民に職を与えるだろう」と非難して相違を明確にしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る