2024年7月14日(日)

仕事の失敗を実力に変えるメンタルトレーニング講座

2016年10月25日

外発的なやる気の2つのデメリット

 次に前回の締めくくりとなった、外発的なやる気の短所について述べたいと思います。

 外発的なやる気は、この目標設定用紙を誰かにつくらされている状態です。ただこなしているだけなので、やる気は起きず、やりがいも芽生えません。さらに以下の2つのような状態が起きやすくなります。

 ①勝ったり、上手くいったり、成功を経験してもあまりうれしくない。負けや失敗を経験しても、悔しくない。つまり、次につながらない。
 ②外からの刺激にエスカレート性が生じ、罰や報酬といった刺激が上がり続けないと燃え尽きが起きやすくなり、諦めや、無関心が起きやすくなる。

 次回は、このような観点から、セルフコントロール(自分で自分の心をコントロールすること)について紹介していきたいと思います。不安や、退屈な感覚は、実は目標設定と大きな関係があります。

(編集・鮎川京子)

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る