ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ

2016年11月8日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小川大介 (おがわ・だいすけ)

1973年生まれ。京都大学法学部卒業。学生時代から大学受験予備校、大手進学塾で受験国語の看板講師として活躍。難関中学、国公立大学医学部などへ多数の合格者を送り出す。2000年、さらなる学習指導の理想を追求し、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。著書に『小川式[声かけ]メソッド』(宝島社)、『中学受験 基本のキ!』(共著:日経BP社)、『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『論理力は小学6年間の国語で強くなる』(かんき出版)など。今年10歳になる男の子の父。

 例えば、今週末にお子さんの学力テストがあるとしましょう。

 出題範囲は事前に分かっているのですが、算数と社会は、お子さんが苦手にしている単元から出題されることになっています。苦手単元の復習をしておかないと、かなり成績が下がってしまいそうです。

 テストの有無にかかわらず、塾の授業は普通に行われますから宿題もいつも通り出されます。日曜日はお友達の誕生日会に招かれていて、本人はとても楽しみにしています。

手取り足取り状態も権限委譲で解決

 これまでのお母さんの関わり方は、今日何をやるのかをお子さんに指示して、一つひとつできたかどうかをチェックするというスタイルでした。

 「いい加減自分のことは自分で考えて欲しいんだけれど、あの子ったら『ママ、次は何したらいいの?』って聞いてくるばかりで全然動けないの。時間もないし、いちいち確認してあげるしかないじゃない」と言うのが、彼女の言い分です。

 お父さんの目には、ニワトリとたまごの関係で、「母親が手取り足取り構いすぎるから、自分で考える力が育たないんじゃないのかな?」とも見えるのですが、それをそのまま口にすれば、どんな反応が返ってくるかは重々分かっています。

 さあどうしましょうか。

 そうです、権限委譲の知恵を活用すればいいのです。

 今までお母さんが全部決めていた勉強計画の一部を、お子さんに任せていくことにしましょう。また、苦手単元の復習についても、何をどれぐらい行うのかの判断もある程度はお子さんに委ねるようにしていきましょう。

 この場合お父さんは、まず、お母さんとの間で「逆」権限委譲を行うことになります。

 「毎日勉強を見てくれていて、あの子に何ができて何は苦手か、誰よりも知ってるよね。それで相談なんだけれど、自分のことを自分でできるように少しずつ本人に任せていくチャレンジを一緒にしてみない? 何か困ったことが起きたら僕の責任で、立て直しはするから、どんなことからなら任せていけそうか考えてみてくれない?」

 と、参加を申し出るのです。

 「あなたが頑張るなら、チャレンジしてもいいわね」と、お母さんが日々の勉強についてお子さんに委ねていく気になるように。

 このステップがきちんと踏まれると、お母さんはお子さんとの権限委譲に入ることができます。

関連記事

新着記事

»もっと見る