幕末の若きサムライが見た中国

2016年12月31日

»著者プロフィール
閉じる

樋泉克夫 (ひずみ・かつお)

愛知県立大学名誉教授

中央大学法学部、香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士後期課程を経て外務省専門調査員として在タイ日本国大使館勤務。著書に『華僑コネクション』『京劇と中国人』『華僑烈々―大中華圏を動かす覇者たち―』(以上、新潮社刊)など。

[著書]

ソノ濁レルコト甚シ

 じつは上海の街には井戸は5、6個所しかなく、しかも「ソノ濁レルコト甚シ」。そこで、否応なく川の水を容器に移し、石膏やらミョウバンを加えてゴミを沈殿させ、上澄み水を飲むことになる。山紫水明の国土からやって来た武士たちにすれば、こんな「惡水」を口にできるわけがない。だが飲まざるをえない。そこで「皆病マザル者ハナシ」ということになり、悪いことに日本から帯同した炊夫ら3人が命を落としてしまう。 

 たしかに繫栄する上海の衛生状態は劣悪である。これもまた孔子を生んだ国の現実であることを、彼らは改めて思い知らされたに違いない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る