ネット炎上のかけらを拾いに

2018年2月20日

»著者プロフィール

マーケティング用語が嫌味に聞こえることもある

 ツイッター上には、言葉の選び方を間違えなければ炎上しなかっただろうという声もある。ある視点から見ればただの「事実」であるあのツイートが炎上しないためには、どのような表現を選べば良かったのだろう。再度、問題となったツイートを見てみる。

余談だけど、手っ取り早くSNSで有名になりたかったら猫か犬を飼うとよいらしい。動物コンテンツは必ずPVが取れ、炎上しづらく、個性も出やすく、自分がネタを作らなくても動物が勝手にネタを作ってくれる。インスタもご飯×犬とか、子供×猫とかにするとご飯だけ、子供だけの人と差別化できる。動物最強

 SNSのフォロワー競争に乗っかっている人やマーケティングの視点で考える人にとっては当たり前だが、そうでない人や動物好きにとってはやや引っかかる言葉がある。「手っ取り早く」「有名になりたかったら」「動物“コンテンツ”」「ネタ」「勝手にネタを作ってくれる」「~~だけの人」「差別化」である。「PV」「炎上」「個性」の使い方も、中には嫌味だと感じる人もいるだろう。これらをまず言い換えてみよう。

余談だけど、今すぐSNSでみんなに見てもらえる人になりたいなら猫か犬を飼うとよいらしい。動物の画像ってみんな好きだし、議論になりづらいし、自分の色も出しやすい。自分が面白いことしなくても、動物がボケてくれる。インスタも、ご飯と犬とか、子供と猫とかにすると、より際立つ。動物最強

 だいぶナチュラルな印象になった。元ツイートの方が知的な印象かもしれないが、言っている内容はほぼ同じである。しかしまだ、「飼うとよいらしい」は、「飼うことを推奨している」と受け取られる懸念がある。また、動物は人気が出やすいことは昔からの常識なので、今さらの発見かのように書くのはおこがましいだろう。さらに、動物への愛も大切だ。こんなところでどうだろう。

前から言われてることでごめんだけど、SNSで犬猫画像ってかなり愛される。動物の画像って多くの人が好きだし、癒し効果でクソリプ少ないし、みんな違ってみんないい。自分が面白いことできなくても、動物がボケてくれる。インスタも、ご飯と犬とか、子供と猫とかだと規格外なかわいさ。動物最強~!

 炎上ツイートを、なるべく内容はそのままで炎上しないツイートに改変するには。楽しかったので、皆さんも時間があればやってみてほしい。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る