補講 北朝鮮入門

2018年4月18日

»著者プロフィール
閉じる

礒﨑敦仁 (いそざき・あつひと)

慶應義塾大学准教授

1975年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部中退。在学中、上海師範大学で中国語を学ぶ。慶應義塾大学大学院修士課程修了後、ソウル大学大学院博士課程に留学。在中国日本国大使館専門調査員、外務省専門分析員、警察大学校専門講師、東京大学非常勤講師、ジョージワシントン大学客員研究員、ウッドロウ・ウィルソンセンター客員研究員を歴任。慶應義塾大学専任講師を経て2015年から現職。共編に『北朝鮮と人間の安全保障』(慶應義塾大学出版会、2009年)など。

[執筆記事]
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、元ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15~18年論説委員(朝鮮半島担当)。18年4月から外信部長。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、『韓国新大統領 文在寅とは何者か』(17年、祥伝社)、『新版 北朝鮮入門』(17年、東洋経済新報社、礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著)など。訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。

本当に電撃的だった金正恩訪中

 3月下旬の金正恩委員長による訪中も、北朝鮮の想定すら超える米朝関係の展開を受けて決められたものと考えられる。北京での夕食会のスピーチで金正恩委員長は「われわれの電撃的な訪問の提案を快く受け入れて下さり、短い期間にわれわれの訪問が成功裏に進められるようにするため傾けられた習近平総書記同志と中国の党と国家指導幹部同志達の知性と手厚い配慮に私は深く感動し、それについて非常にありがたく思っています」と述べている。

 金正恩訪中が急きょ決まったことは、中国要人の韓国訪問とからめても推測できる。

 中国外交のトップである楊潔篪政治局員が3月21日に訪韓する予定になっていたのに、16日になって中国から韓国に1週間程度の延期が申し入れられたのだ。金正恩委員長の訪中は25日夜から28日朝まで。楊潔篪氏は結局、29日に訪韓して文在寅大統領に中朝首脳会談の内容を説明した。

 金正恩委員長のスピーチと楊潔篪氏の動きを合わせて考えれば、16日もしくはその直前に北朝鮮側から金正恩訪中を持ちかけ、かねて訪中するよう求めていた中国側が受け入れたという構図が浮かんでくる。

 訪中に関する北朝鮮メディアの報道では、「初の外国訪問」であることが何回も強調された。初外遊という一枚しかないカードを使って中国のメンツを立てたようだ。中朝関係はこの間、きわめて冷却化していたが、やはり簡単に壊れるようなものではない。そのことを改めて確認させられたといえるだろう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る