この熱き人々

2018年7月23日

»著者プロフィール
閉じる

吉永みち子 (よしながみちこ)

1950年、埼玉県生まれ。85年、『気がつけば騎手の女房』で大宅壮一ノンフィクション大賞を受賞。著書に『母と娘の40年戦争』(集英社文庫)、『怖いもの知らずの女たち』(山と溪谷社)、『試練は女のダイヤモンド』(ウェッジ)などがある。

 「きっと僕は、自分自身に決定的なものがないんだと思います。こういうものをどうしても造りたい、こういう表現をしたいという主体的なアクションがない。人と出会い、風景とか敷地とか家族とか予算とかの与えられた条件の中で、どんな心身の状態でも受け止めて喜んでもらえるものを造りたいというパッシブ(受動的)なやり方なんです」

ガンツウのメインエントランス

 人と出会い、思いを語り合い、知恵を絞り、あるものを大事に生かし、一緒に喜び合える。現代は、そういうことがダサいと笑われてしまうご時世になってしまったが、実は心の底にこっそりと温かく響いて素直に心が動く。

 「今は、手続き、段取り、危機管理、工程などぎっしり細かく決めないと進まない時代。作用より副作用のことばかり考える。でも今回のプロジェクトチームはみなパワフルな推進力があって、強烈な個性がぶつかり合い、ぐいぐいと作用が大きくなっていく。なのに最後はしっかり着地したものが出来上がっている。建築家人生の中で極めてユニークな経験でしたね」

 ちなみに、ガンツウという聞き慣れない名前は、船のおよそのプランができた時に、プロジェクトチームとのラフな懇親の場で決まったのだという。日本語がいいのでは? 瀬戸内ならではの名前がいいのでは? 大いに盛り上がって、それぞれが思いをぶつけ合う中で、「ガンツウ」という名前が飛び出した。尾道では石蟹(いしがに)のことをガンツウと呼ぶそうだ。

 「僕も初めて聞く言葉だったけど、なぜかスッといいなと思えました」

 豪快に見えて実は繊細。いい加減なようで実は緻密。この情景、何だか戦国時代に瀬戸内海を縦横無尽に駆け回った村上水軍を彷彿(ほうふつ)とさせるような……。ガンツウは、実は深い名前なのかもしれないと思えてくる。海を知り尽くした水軍の遠い記憶の名残が、21世紀の瀬戸内海をエンジン音もなく静かにゆったりと進む穏やかな船を生み出したと思うと、風景だけでなく時もまた滑り出しそうである。   

ほりべ やすし◉1967年、神奈川県生まれ。大学卒業後、益子義弘氏に師事し、94年、26歳で堀部安嗣建築設計事務所を設立。幾何学をベースとした端正なフォルムと木や石などの自然素材を巧みに使った建築で知られる。

阿部吉泰=写真

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2018年7月号より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る