2022年8月8日(月)

Wedge REPORT

2018年10月18日

»著者プロフィール

世界のベースボールプレーヤーに勇気を与える

 シカゴ・カブスで編成部門の責任者を兼務するセオ・エプスタイン球団社長も松坂の復活に目を白黒させている1人だ。かつて2006年のオフ、ボストン・レッドソックスでのGM時代に西武ライオンズからポスティングシステムでメジャーリーグへの移籍を希望した松坂の獲得を決め、大金を投じて独占交渉権を獲得。入団にこぎつけた。ルーキーイヤーの2007年に15勝を挙げてチームのワールドシリーズ制覇に尽力し、翌2008年にも18勝を飾って2年連続のポストシーズン進出に貢献した松坂の活躍ぶりは無論、今でも彼の脳裏に焼き付いている。

 今年の夏、カブスを取材するためシカゴの本拠地リグレー・フィールドを訪れたという記者によれば、松坂が日本で復活を遂げたことについて振ってみると、笑みを浮かべながら「すでに知っているよ」と即答されたという。そして、同球団社長はこうも続けたという。

 「驚きを禁じ得ない。日本に帰ってから彼がどういうプレーをするのか注目していたが、最初に所属した球団(ソフトバンク)では残念ながら結果が出なかった。その後数年間も満足な投球ができなかったので、彼の野球人生は終わりを迎えると思っていた。ところが、移籍した今の球団で復活した。メジャーリーグを含めプロフェッショナル・ベースボールの世界では、長いブランクのハンディキャップを乗り越えて再びトップレベルのプレーを見せることは極めて困難だ。しかし、彼はそれをやってのけた。これは本当に信じられず、凄いことだ」

 日本球界での松坂の復活に関しては球団関係者や米メディアのビートライターたちから耳にしていたという。かつての〝ビジネスパートナー〟としてエプスタイン球団社長は、次のようなエールも送っていたそうだ。

 「かつて一緒に仕事をした仲間として彼の復活は心から嬉しく思うし『グッド・ラック』と言いたい。そして彼の復活は同じような境遇に置かれている世界のベースボールプレーヤーに力強い勇気を与えることにつながるだろう」

 松坂にとっては、きっと心を奮い立たせられる言葉だと思う。ちなみに「まだまだ、こんなもんじゃない」とは今季の成績に関する本人の自己寸評だ。松坂世代と呼ばれた同期の主力選手たちは次々とユニホームを脱いでいるが、39歳を迎える来季も怪物右腕のさらなる「超復活」が期待される。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る