海野素央の Love Trumps Hate

2019年2月25日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

非核化の「タイムスケジュールはない」は本当か?

 トランプ大統領は2回目の米朝首脳会談が、「最後の会談にはならないだろう」と記者団に述べて、3回目の会談の可能性を示唆しました。長期戦の構えをみせたのです。

 1回目の米朝首脳会談とは異なり、トランプ大統領は現実的な問題解決を探るようになったわけです。2回目の首脳会談で、北朝鮮の完全な非核化を実現するのは困難であることは明らかです。

 ということは、トランプ大統領は北朝鮮の非核化と2020年の米大統領選挙における選挙運動を並行して進めていくという意味になります。非核化に関して、「タイムスケジュールはない」と語りましたが、実は同大統領の心の中には存在しているとみるのが自然です。

 20年米大統領選挙の民主党候補指名争いのテレビ討論会は、今年6月から始まり、来年4月に終了します。討論会の終了時点で、トランプ大統領の対戦相手がかなり明確になります。ここが1つの区切りです。

 トランプ大統領には20年4月までに、核施設の破棄・査察や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の解体・搬出を済ませておけば、民主党候補に対して有利な戦いができるという計算が成り立ちます。米大統領候補テレビ討論会は同年秋から始まるので、遅くとも来年の夏までには、うえの作業を完成しておきたいところでしょう。これがトランプ大統領の「タイムスケジュール」です。

関連記事

新着記事

»もっと見る