2024年7月16日(火)

海野素央の Democracy, Unity And Human Rights

2019年2月25日

神経質になるトランプ

 トランプ大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエン被告が、首脳会談と同日の27日(現地時間)に、下院監視・政府改革委員会で証言を行います。コーエン被告は、「私のストーリーを米国民に聞いてもらうのを楽しみにしている」と、自身のツイッターに投稿しました。私のストーリーとは、もちろんモスクワのトランプタワー建設計画を含んだロシア疑惑及びトランプ一族が経営する「トランプ・オーガニゼーション」のビジネス取引に関するトランプ大統領とのやり取りです。

 米国民は2回目の米朝首脳会談の合意内容よりも、コーエン被告からロシア疑惑について「爆弾発言」が飛び出すことを期待しているでしょう。極めて好ましくない状況が、トランプ大統領を待ち受けているのかもしれません。

 そこで、トランプ大統領はウィリアム・バー米司法長官にロシア疑惑の捜査終結宣言を行うように圧力をかけているといわれています。この件に関する記者団の質問に、「終結宣言を出すか否かは彼(バー氏)次第だ」と述べて、宣言に対する関与を否定しました。

 さらに、コーエン被告の公聴会に関しては「関心がない」と語りました。しかし、この発言を額面通りに受け止めることは到底できません。

 コーエン被告の公聴会の前に、バー長官にロシア疑惑捜査の終結宣言をさせたいのが、トランプ大統領の本音でしょう。仮にバー長官が宣言をすれば、コーエン被告の公聴会開催の意義が薄れ、米朝首脳会談への注目度が上がるからです。

 逆に、バー長官が捜査の終結宣言を行わなかった場合、トランプ大統領は米朝首脳会談で歴史的な成果を出して、米国民の目先をコーエン被告の公聴会から首脳会談に変えなければなりません。

 要するに、トランプ大統領にとって、2回目の米朝首脳会談はコーエン被告の公聴会及びロシア疑惑捜査の終結宣言と密接に関係があるわけです。

 トランプ大統領はコーエン被告の証言が、米朝首脳会談に影響を及ぼさないように、必死に対策を講じています。裏返せば、米朝首脳会談と同日に行われるコーエン被告の公聴会での証言内容に、かなり神経質になっているということです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る