海野素央の Love Trumps Hate

2019年2月26日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

民主党から突き上げをくらうトランプ

 トランプ大統領は、北朝鮮が2017年11月から約400日間、ミサイルの発射実験を実施していない点を「成功」とみなしています。しかし、議会民主党はまったく異なった立場をとっています。

 チャック・シューマー上院院内総務(民主党・東部ニューヨーク州)は24日、トランプ大統領に2回目の米朝首脳会談に関する書簡を送りました。その中でシューマー院内総務は、「金委員長は次の米朝首脳会談で、非核化に向けて具体的で検証可能な進展を示さなければならない」と述べ、同大統領に圧力をかけました。

 首脳会談で非核化実現を遂行する具体的な成果を出さなければ、トランプ大統領はベトナムから帰国後、議会民主党から激しい攻撃を受けることは必至です。特に、下院は昨年11月の米中間選挙で民主党が多数派となり、会談で具体的成果が見られなかった場合、同大統領に対する追及を強めることは確かです。

 さらに、再選を目指すトランプ大統領にとって、北朝鮮の非核化実現が進展しなければ、2020年米大統領選挙のマイナス要因になります。

 うえの理由からも、トランプ大統領は北朝鮮に譲歩せざるを得ません。トランプ大統領は1回目の米朝首脳会談とはまったく異なった状況におかれているわけです。

 ということは、仮に北朝鮮が寧辺核施設における査察官の受け入れ及び破棄のカードを切れば、トランプ大統領はそれらを「お土産」にして帰国でき、民主党からの攻撃を回避できます。朝鮮戦争の終結宣言は、非核化とは直結しないので、トランプ大統領は北朝鮮がうえのカードを切るように金委員長に迫るかもしれません。

 もしそうなればその見返りとして、金委員長は開城工業団地並びに金剛山観光の再開を特例として米国に認めさせようと、トランプ大統領に要求してくる可能性は排除できません。全く筋書のない「1対1」の首脳会談で、トランプ・金両首脳が何と何を取引をするのかが注目点になります。

関連記事

新着記事

»もっと見る