定年バックパッカー海外放浪記

2019年5月5日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

それぞれの転居先

 Xデーまで9カ月となりSさんが近隣の新築アパートに転居。仲介した不動産屋に入れ知恵され立退料の打診にきたが契約条項を説明して一件落着。

 Xデーまで半年となった頃、心待ちしていた吉報が相次いだ。HさんとK氏のケアマネージャーから特養老人ホームの空きが出たと連絡があり早々に退去。

 さらに1カ月後、突然ボランティア団体を名乗る女性からE君の引越先が決まったとの電話。この女性も障害者のE君の代理として立退料を要求したが契約を説明してお引取り頂いた。

 Xデーまで3カ月のある日、Z老人が40万円の転居費用見積を持って来た。やはり契約を全く理解していなかったのだ。やんわりと定期契約を説明。引越当日、手伝おうと出向いたら30代後半くらいのアジア系女性が部屋にいた。やんちゃ気質は衰えていない。ご立派!

エピローグ

 T氏とY氏は仕事が忙しく転居先を探す暇がないと最後まで残留していたがXデーの直前に相次いで退去。Xデー当日、2人から依頼された粗大ごみを処分し大家業終了。

 無人となった築45年の△△ハイムをふと見上げると、朝陽を浴びて赤い屋根瓦が威風堂々と輝いていた。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る